シナモンを抱く伊藤淳史

写真拡大

 映画『ねこあつめの家』の試写会が21日、都内の猫カフェ「きゃりこ 新宿店」で行われ主演の伊藤淳史が出席、「猫を見ているだけで自然に笑顔になっちゃうし、とても癒やされる」とメロメロだった。

 史上初となる猫カフェ試写会と銘打ち、会場内のそこかしこで猫がウロウロするホンワカムードの中で実施された本イベント。伊藤は「新宿のど真ん中にこういう空間があるなんて知らなかった」と語ると、「今日はイベントなので(店内に)猫カフェの感じは全くないですが、猫たちが自然に歩いていたりとか、猫のスペースがあるので、通常営業の時は癒やされるんじゃないかなと思います」と笑顔を見せる。

 普段は犬を飼っているという伊藤だが、本作を通じて猫との付き合い方を学んだのだとか。「散歩している時に猫を見つけて、自分の方から猫に近づいていってもすぐに逃げられてしまっていた。でもこの作品に関わってから、あえて無視するようにしたらちょっと近づいてきてくれた。猫ってこうやって付き合うと楽しくやっていけるんだなということを、身をもって知ることができました」と猫の魅力にも取りつかれた様子だった。

 この日の試写会では、カフェを歩く猫たちも観客と一緒に映画を観ることに。伊藤は猫たちの気持ちを想像しながら「100点を超えて、120点というニャンとも言えない感じになるんじゃないかと思います。うちのワンコは、テレビに別のワンコが出てくると(画面を)見ているんですよ。だから(この映画も)ニャンコちゃんたちの気を引けるのかなと思いました。自分のことを猫だとわかるのか。観ている時が気になりますね」とワクワクした様子を見せた。

 本作は、スマートフォン用ゲームアプリ「ねこあつめ」をベースに、スランプに悩む小説家と猫の交流を描きだす心温まる人間ドラマ。チョーヤ梅酒「うめほのり」などに出演するシナモン、ドラマ「あまちゃん」などに出演したドロップなど人気の猫たちも出演する猫好き必見の映画だ。この日は本作の宣伝アンバサダーを務めるシナモンとドロップも出席し、報酬として猫垂ぜんもののキャットフード1年分がプレゼントされた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ねこあつめの家』は4月8日より全国公開