世界初のハンバーガー4D映画でPR

写真拡大

 レスリングの吉田沙保里選手が2月21日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた、マクドナルドの新レギュラー商品「しょうが焼きバーガー」(通称ヤッキー)のPRイベントに出席。現在、選手兼日本代表チームのコーチとして東京五輪を目指す吉田選手は、イベント後の取材で「ヤッキーを食べて金メダルを取りたいですね!」と商品にかけて自身の意気込みを明かした。

 この日は、ヤッキーの味以外のすべてを体験できる、世界初のハンバーガー4D映画「ヤッキー・ザ・ムービー」を上映。宇宙飛行士たちが、宇宙空間で「スライスされたオニオン」「みずみずしいレタス」「しょうが焼き」の香りが漂う謎の物体に遭遇するというSF仕立てのストーリーで、映像と連動した座席の振動や水しぶき、香りで新商品の魅力をアピールした。

 普段からマクドナルドを利用し、五輪に出場した際には選手村に設置された店舗を訪ねていたという吉田選手は、映画でヤッキーを味わい、「五感で感じることができた。本当に迫力がある」と驚きの表情。実物のヤッキーを試食すると「おいしい! 映画で体感した匂いと一緒です。レタスと玉ねぎのシャキシャキ感が半端ない!」と満面の笑みを浮かべ、「メダルに例えると?」との質問には「ゴールドですね! 金メダル級ですごくおいしい」と太鼓判を押していた。

 昨年開催されたリオデジャネイロ五輪では、決勝でアメリカのヘレン・マルーリス選手に敗れ、五輪4連覇を逃した吉田選手。すでに2020年の東京五輪に向けて本格始動しているといい、「この前も合宿に参加しました。後輩たちも強くなってきているので一緒に頑張りたい」「レスリングは組み合うスポーツ。(後輩が)強くなってきているなと感じながら練習をやっています」と力強く語った。

 マクドナルドおてごろバーガー新商品「しょうが焼きバーガー」は、2月22日から全国のマクドナルド店舗で発売開始。