検索大手であるGoogleとBing(Microsoft)は、イギリスでの違法配信サイトの検索順位引き下げについて、英国知的財産庁(Intellectual Property Office=IPO)・英国レコード産業協会(British Phonographic Industry=BPI)・映画協会(Motion Picture Association)と合意に達し、各メディアが報じている。

 

違法な配信サイトは、サッカーや映画、音楽の映像を配信し続けていて、IPOによるとイギリスでは700万人ものWebユーザーが違法サイトでコンテンツを視聴しているという。それらのサイトへの対抗策として検索業界大手のGoogleとBingが協力することになり、海賊版配信サイトは検索結果の表示ページで順位を落とし、ユーザーを不正なコンテンツから遠ざける。

 

これによりユーザーとコンテンツ制作者の両方を保護できるとしている。

 

本協定は2017年6月1日までにイギリスで実施される。GoogleとBingは世界中で合わせて10億以上もの著作権侵害のサイトを非表示にしてきたが、この新しいアルゴリズムをイギリス以外の国々で導入するかどうかについて言及されていない。

The Guardian

URL:https://www.theguardian.com/technology/2017/feb/20/google-and-bing-to-demote-piracy-websites

2017/02/20