写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジェーシービーは2月17日、「クレジットカードに関する総合調査(2016年度)」の結果を発表した。調査は2016年9月10日〜25日、学生を含む20代〜60代の男女3,500名を対象に、インターネットで行われた。

クレジットカードの保有率は84.2%。保有枚数は25.2%で「2枚」が最多に。以降、「1枚」(23.0%)、「3枚」(20.7%)と続いた。平均保有枚数は3.2枚に。

「1番多く使うクレジットカードの利用理由」を聞くと、46.0%で「ポイントやマイルが貯めやすいから」がトップに。以降、「入会金、年会費が他社と比較して安いから(無料を含む)」(33.0%)、「日常的に利用している銀行・郵貯などの口座を利用できる」(16.2%)となった。

「2番目に多く使うクレジットカードの利用理由」では、「ポイントやマイルが貯めやすいから」(32.6%)が最も多くなった。以降、「入会金、年会費が他社と比較して安いから(無料を含む)」(31.2%)、「自分のよく利用するお店で割引などのサービスがあるから」(17.1%)と続いた。

次に、「世帯あたりの月平均生活費」をみると、クレジットカード保有者では平均18.2万円。非保有者は平均14.8万円となった。

また、クレジットカード保有者の「世帯あたり月平均クレジットカード利用額」は平均6.2万円。未既婚別で見ると、最も利用額が高いのは「40〜50代の既婚者」で7.8万円。一方、最も利用額が低いのは「20代の未婚者」で3.8万円だった。

(CHIGAKO)