両親が超有名人だと知らずに大きくなったブルックリン(出典:https://www.instagram.com/brooklynbeckham)

写真拡大

息子3人、娘1人を「素晴らしい」「アメイジングでマナーも良い」と褒めちぎるなど“少々我が子自慢がすぎる”と言われることがあるデヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻。しかし実際に彼らの躾や教育は非常にきちんとしており、4人の子供達は「確かに素直で性格の良い子達ばかり」だと言われている。うち長男で写真家としての才能を発揮しているブルックリン(17)は、4年ほど前まで自分の両親がいかに有名なのか知らなかったという。

このほどブルックリン・ベッカムが『Wonderland』誌の取材に応じ、“元サッカー界の貴公子”父デヴィッド、また元「スパイス・ガールズ」の人気メンバーで現在は有名ファッションデザイナーとして活躍する母ヴィクトリアについて、こう語った。

「実は僕、ウチの両親がそんなに有名だなんて、13歳になる頃まで知らなかったんです。」
「ある日、僕達はサッカーの試合に行って…。すると人々が父の名を叫びまくるので、僕は驚いて『何、これ? どうなってんのさ?』って感じで。だって僕自身は、そんな風に両親のことは見ていないのですから。」

そんなブルックリンは10代ながら写真家としての才能を開花させ、さらにはアイドル級の人気も誇り芸能界・映画界からのオファーも多いのだそう。しかし今は夏に予定している写真集の出版に向けて、とてもハッピーな毎日を過ごしているという。

「そうなんです。自分の作品を発表できるなんて、すごくエキサイティングですから。それにこれは、両親の仕事とは無関係のプロジェクトだとも示せますし。」

弟達はモデルや歌手としての才能を証明済みで、末っ子にあたる妹のハーパー・セブン・ベッカムちゃんは今から多趣味で容姿も抜群に可愛い。両親の厳しい躾のもと立派に育ち続けるベッカム家の子供達はそれぞれ得意の分野で成功し、大成しそうな勢いである。

出典:https://www.instagram.com/brooklynbeckham
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)