写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイ・ジャパンは2月21日、SIMフリースマートフォン最上位「Mate 9」の新色ブラックを発表した。発売は3月10日で、推定市場価格は税別60,800円前後。

Mate 9は、「ライカダブルレンズ」の第2世代を搭載した5.9型スマートフォン。シャンパンゴールド、ムーンライトシルバーの2色を展開していたが、このたびブラックモデルの追加が発表された。

主な仕様はシャンパンゴールド、ムーンライトシルバーと同様で、プロセッサは新開発の「Kirin 960」を搭載。バッテリー容量は4,000mAhで、2日以上の連続使用が可能となっている。急速充電にも対応し、20分充電すると約1日使えるよう設計されている。