アラブ首長国連邦(UAE)が、100年後の2117年までに、火星上に人類が居住できる最初の都市を建設する計画を明らかにした。

目標は60万人規模の都市

この「火星2117プロジェクト」は、ドバイで開催された第5回世界政府サミットの最終日にあたる2月14日、UAEの副大統領でドバイ首長も兼ねるムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏が発表した。同氏はツイッターでもイメージ図を数点投稿しながら、「UAE国民と国際的な科学者チームを編成し、将来の有人火星探査を推進する」と述べている。

また、UAE内閣総務大臣のムハンマド・アル・ガルガウィ氏は、CNBCの取材に応え、「この都市の規模はだいたいシカゴぐらいで、人口は60万人」との構想を語っている。ただし、具体的な建設方法や設計などは明かされていない。

takamori0221b.jpg

火星都市を体験するVR。IMAGE COURTESY OF DUBAI MEDIA OFFICE

2021年にアラブ初の火星探査を目指す

UAEは2015年に火星探査ミッションを発表。アラブ世界で初となる無人火星探査機を2020年に打ち上げ、2021年に到達させる計画を示していた。探査機は火星の軌道を2023〜2025年頃まで周回しながら、探査データを地球に伝送。ここで得られたデータを分析して、将来の都市建設構想に役立てる考えだ。

高森郁哉