<最新監督作の舞台でもあるカンボジアで、ピットとの離婚について初めて語る>

女優で映画監督のアンジェリーナ・ジョリーが俳優ブラッド・ピットとの「困難な」別れについて初めて口を開いて言った。「私たちはずっと家族」

昨年の離婚について、BBCのインタビューで胸の内を語った。

ジョリーは昨年9月、「埋めがたい溝」を理由に離婚を申請した。フランスからアメリカに帰る自家用ジェットの中でピットが息子のマドックス(15)に暴力をふるったと噂された直後のことだ。

より強い家族に

「とても難しい時期だった」と、ジョリーは語る。「私たちは家族だし、これからも家族だ。今この時を乗り越えて、より強い家族になりたいと思う」

「こういう状況に陥る人は少なくない。私の家族も困難な状況を乗り越えてきた。いちばん大事なのは私の子供たち、私たちの子供たち、そして出口を見つけることだ」

ジョリーのインタビューと監督作品『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー』の予告編

ジョリーとピットには6人の子供がいる。3人は養子で、3人は実の子だ。マドックスはカンボジアからの養子で、他にベトナム人のパックス、エチオピア人のザハラがいる。あとの3人は、ブラッドとの間に生まれたシャイロに、ノックスとビビアンの双子だ。

【参考記事】ジョリー&ピット離婚劇、子供たちの不安は続く

ジョリーは、監督最新作『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー(最初に父が殺された)』のロケ地カンボジアにいた。

カンボジアは気づきだった

映画は、1970年代後半のカンボジア人大虐殺で知られるポル・ポト政権下で児童兵として訓練されたロウン・ウンの手記が原作。先週末プレミア上映が行われ、今年中にはネットフリックスで配信される予定だ。

【参考記事】「オバマ受賞」に憤る人ベスト6

ジョリーが初めてこの国を訪ねたのは、2000年の映画『トゥームレイダー』の撮影時。カンボジアの文化と恋に落ち、マドックスを養子にした。

【参考記事】アンジーの迫力全開『マレフィセント』

「この国にきて、この国の人たちに恋をして、歴史を学び、学べば学ぶほど、自分がいかに世界のことを知らないか思い知った」と、彼女は言う。「この国が私の目を覚まさせてくれた。感謝している。とてもお返しできないほどの恩を感じている」

トゥファイエル・アーメド