「花郎」Ara“恋愛がしたい…今からでも遅くないですよね?”

写真拡大

女優Araが「恋愛したい」と告白した。

Araは21日、ソウル市江南(カンナム) 区論硯洞(ノンヒョンドン) にあるカフェで行われたKBS 2TV「花郎(ファラン)」(脚本:パク・ウニョン、演出:ユン・ソンシク、キム・ヨンジョ) の放送終了のインタビューの席で次のように話した。

この日、Araは劇中互いに異なる愛する方法を見せてくれたソヌ(パク・ソジュン) とサムメクジョン(ZE:A ヒョンシク) について言及しながら、「男らしいスタイルのサムメクジョンと、石橋を叩いて渡る性格のソヌの2人とも魅力があった」と述べた。

そして、実際の状況ではどんなスタイルを選ぶかと言う質問に「感覚的な経験ではなく、直接経験してみないと分からない」と冗談交えに応えた。彼女は「どんな人が私と会うのか、会ってみないと分からない。今も運命的な出会いを待っている」とし純粋な心を見せた。またAraは「スタイルよりも、いつも正直な人なら悪い人ではないだろう」と付け加えた。

Araは「恋も大切だが、仕事を愛しすぎた。これからは恋愛もしてみたい」と告白した。彼女は「私、遅くはないですよね?」と心配する表情で尋ね返した。

Araが熱演した「花郎」は、1500年前の新羅の首都“徐羅伐(ソラボル:現在の慶州)”を駆け回った花郎たちの情熱と愛、成長を描いた青春ドラマだ。21日午後10時に韓国で最終回が放送される。