米ビルボード、防弾少年団の新曲「Not Today」を徹底分析!“社会に立ち向かうメッセージを伝える”

写真拡大

米ビルボードが防弾少年団の「WINGS外伝:You Never Walk Alone」の収録曲「Not Today」を大々的に紹介した。

ビルボードは20日(現地時間)、「防弾少年団が『Not Today』で生き残りを目指す(BTS Aims to Survive In ‘Not Today’:Watch)」というタイトルのコラムを掲載し、防弾少年団の新曲「Not Today」が社会に投げかけるメッセージに注目した。

ビルボードは「防弾少年団の強烈な曲の1つである『Not Today』は『No More Dream』と『N.O』のように、防弾少年団が社会に立ち向かうメッセージを伝える。ポジティブながらも断固とした『Not Today』の歌詞は、柔らかい雰囲気の『春の日』に比べて一層強力なメッセージを投げかける」と説明した。

また「社会的な認識を盛り込んだこのようなアーティスト的なアプローチは、防弾少年団がPSY(サイ) を除くすべての韓国歌手のビルボード記録を更新する、成功の秘訣になった」と絶賛した。

また、ビルボードは「特に、昨年の夏にロサンゼルスとニューヨークで開催された2回の『KCON』でメインステージを飾っており、来月彼らの初のアメリカ大規模公演がアメリカ3都市で5回に渡って開催される予定だ」と伝え、防弾少年団が海外で成し遂げた成果にも注目した。

このような人気を証明するかのように、防弾少年団の「Not Today」のミュージックビデオは、公開21時間38分でYouTube再生回数1千万回を突破する大記録を打ち立てた。

防弾少年団は、23日のMnet「M COUNTDOWN」を皮切りに音楽放送でカムバックステージを披露する。

防弾少年団、収録曲「Not Today」MV公開から21時間で再生回数1千万回突破…またも記録更新