20日、米紙ニューヨーク・タイムズ中国語電子版によると、中国でH7N9鳥インフルエンザウイルス感染者が急増しており、当局が対応に追われている。

写真拡大

2017年2月20日、米紙ニューヨーク・タイムズ中国語電子版によると、中国でH7N9鳥インフルエンザウイルス感染者が急増しており、当局が対応に追われている。

中国衛生当局が2月14日に発表したデータによると、先月中国で192人が同ウイルスに感染し、79人が死亡した。また、17日の段階ですでに2月だけで77人が感染して8人が死亡したという。

人における同ウイルスの爆発的感染は2013年に中国で初めて確認され、以後毎年冬から春にかけて新たな感染者が出る状況だ。今年は同ウイルスによる死者数がこの4年間で最多となっており、香港衛生署衛生防護センターによると、昨年11月以降で少なくとも355人の感染が確認されたという。

同ウイルスは生きている鳥や殺処理したばかりの鳥と密接に接触することで人に感染する可能性がある。専門家からは、ウイルスが突然変異を起こし、人から人への接触で感染しやすくなる可能性が指摘されている。

中国の農村や小都市では多くの家庭でニワトリやカモ、ガチョウを飼育しており、近ごろ死亡した20代の女性とその娘も生きた鳥に接触していたという。中国の国家衛生・計画生育委員会はすでに中国東部、南部、南西部の一部地域で生きた家禽(かきん)類の販売を禁止し、東部の浙江省ではすべての家禽市場の閉鎖を命じた。

中国では03年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した際に当局による爆発的感染の隠蔽(いんぺい)が発覚、市民の政府に対する信用を著しく損ねて以降、政府が伝染病の監視体制を強化している。重慶市では2月17日に「鳥インフルエンザが見つかった」とのデマを流布した3人が、湖北省でも同様のデマを流したことで女1人がそれぞれ警察に逮捕されている。(翻訳・編集/川尻)