BBSジャパン、日産/ニスモ系 2017スーパーGT GT500クラスの2 チームへBBS ホイールを供給

写真拡大

 BBSジャパン(富山県高岡市/代表取締役社長:野坂 訓正)は、2017年スーパーGTの日産 /ニスモのエースナンバー23 号車「MOTUL AUTECH GT-R」に BBS鍛造ホイールを供給する。昨年の GT500 参戦チーム「MOLA」の「S Road CRAFTSPORTS GT-R」に加え、日産/ニスモ系チームへの BBS ホイール供給は 2 チームとなる。

 BBSが、日産/ニスモの GT500 クラス 2 チームに供給するのは 1 ピースアルミ鍛造ホイールの「RI-A」で、同一のデザインで市販されている「RI-A」のレーシングホイール版。

 2月19日に日産グローバル本社ギャラリーで行われた「日産/ニスモ 2017年モータースポーツ活動発表会」では、レギュレーション変更に伴い新規に開発された 4 台の NISSAN GT-R NISMO GT500 のうち、BBS 1 ピースアルミ鍛造ホイール「RI-A」が装着された「MOTUL AUTECH GT-R」がステージ上に展示された。

 今回のレギュレーション変更により、マシンのパフォーマンスは勿論のこと、タイヤのパフォーマンスも重要になった。パフォーマンスを最大限引き出すのがホイールであり、タイヤ同様重要な要因となっている。

 BBS ジャパン代表取締役社長 野坂 訓正は、「日本のモータースポーツで最大の人気を誇るスーパーGT の GT500 カテゴリーには、昨年はチーム「MOLA」に弊社レーシングホイールを供給しておりましたが、今年は新たに日産/ニスモのチーム「NISMO」にも供給することになりました。スーパーGTは、今年レギュレーションが変わり、より熾烈なタイトル争いになることが容易に想像されます。その中でエースナンバー23 号車の「MOTUL AUTECH GT-R」が弊社ホイールを装着して戦うことは、 身が引き締まる思いです」と語った。

【ギャラリー】BBS NISMO SuperGT (21枚)


■BBS ジャパン 公式サイト