金正男は日本好きとして知られていた

写真拡大

 金正男はなぜ今になって暗殺されたのか。北朝鮮事情に詳しいジャーナリスト・李策氏は、東京新聞・五味洋治記者によるインタビュー記録『父・金正日と私 金正男独占告白』(文藝春秋)の出版後、ある場所で金正男との接触に成功した。

 しかしその際、金正男は「メディアとは一切、関係を断った。どんな企画であれ、今後インタビューに応じることはない」と断言した。

 李策氏が、「自分は在日3世でもある。個人的に話せないか?」と持ちかけたところ、「在日同胞であれ日本人であれ、私が会って話せない理由はどこにもない。しかしメディアとは会わない」と言い、とにかく絶対に書かないとの条件で話をしようという李策氏からの提案にも、「記者はそう言いながら、結局は書くじゃないか」と頑なな姿勢を崩さなかったという。

「李韓永(金正日の甥。20年前、工作員2人に銃撃されて死亡)も金正男も、日本のメディアに金一族のことをべらべら喋ってしまった。金正日と金正恩にすれば、それを放置したままでは、指導者としての示しがつかなくなる。私が直撃した時、金正男もその危険に気づいていたはずです」(前出・李策氏)

『金正男独占告白』の出版に際し、金正男から「待ってほしい」と言われたと、著者の五味氏は明かしている。だが、説得すると「分かった。しかし、もう連絡しない」と金正男は言ったという。同書では、「この世界で、正常な思考を持っている人間なら、三代世襲に追従することはできません」と明かすなど、世襲批判を繰り返した。このことが金正恩の逆鱗に触れたことは容易に想像できる。韓国情報機関・国情院が「金正男暗殺は5年前から計画されていた」と報告したが、まさにその時期は“暴露本”の出版時期とぴたりと重なる。

 金正男は日本好きとして知られ、東京ディズニーランドを訪れるため偽造パスポートで入国し、日本の警察に拘束されたことがあった。結局、彼の首を絞めたのは、日本と日本人に対する無防備な親愛だったということか。

※週刊ポスト2017年3月3日号