Sサイズモデルがお手本!小柄でもパジャマに見えないシャツの選び方&着こなしテク 

写真拡大 (全5枚)

シャツは何枚あっても重宝する、ベーシックで使いやすいアイテムの一つ。この春は、1枚羽織るだけでキマる、おしゃれなシャツを手に入れたいですよね。でも身長が155cm以下のSサイズ女子は、種類や着こなしによっては、だぼっとしたパジャマのように見えてしまうことも...! 

そこで今回は身長151cmと小柄なモデルの中島香さんに、Sサイズ女子の頼れるシャツの選び方&着こなし方について伺いました♪

シンプルな白シャツは、サテン素材で大人っぽく!

背の高い人が着るとスタイリッシュに見えるシンプルな白シャツも、Sサイズ女子がただ羽織ると、なんだか地味に見えがちに...。そこでこだわりたいのが、素材。光沢感のあるサテン素材なら、コーデを大人上品にランクアップしてくれます。

さらに少しゆるっとしたシルエットのものを選ぶと、女性らしさをプラスできますよ♪ ボトムスは、スタイルアップが叶うハイウエストのスキニーパンツやタイトスカートを合わせるのがおすすめです。

ウエストインで全体にメリハリを!

シャツをパンツにインして、着こなしにメリハリをつけるのもスタイルアップ術の一つ。腰の位置が高く見え、脚長効果も期待できます! 流行りのボリューム感があるシャツも、ウエストを引き締めて見せてくれるから、着膨れの心配もなくなりますよ♪ 

ストライプ柄×ウエストマークの合わせ技でスタイルアップ♪

春夏のトレンドでもあるストライプ柄は、縦のラインを強調して、背を高くスリムに見せてくれます。さらにベルトでブラウジングして、ウエストを細く見せると、華奢なシルエットに♡ 裾広がりのボトムスに合わせる場合も、ベルトでAラインを作って、ずんぐりとした印象を回避して。

柄物シャツはまとまりの良さを重視!

この春おすすめなのは、ヴィンテージの柄物シャツ。人と被らない上に、さらっと着るだけでオシャレに見えます。Sサイズ女子は、柄のインパクトに負けないよう、生地と柄の色の差が少ないものを選ぶのがポイント! 

色がうるさいものは避け、統一感をもたせると、着られてる感なくスラッと見せることができますよ♪ さらに、ボトムスはスキニーパンツを合わせてコンパクトにまとめると、バランス良くキマります♡

Sサイズ女子でも、シャツの質感や素材、色にこだわれば、スタイル良く見せることが可能に♪ 中島さんのテクを盗んで、この春はシャツをおしゃれに着こなして!

お話を伺ったのは...
モデル/シンガーソングライターの中島香(Caro)さん
高校生時代、カットモデルとして原宿でスカウトされたことがきっかけとなり、多くのファッション誌の読者モデルとなる。北欧ヴィンテージ感溢れる世界観で多くの共感を集める。2017年初夏オリジナル楽曲発表。 Instagram ブログ

【関連記事】
・ Under155cm女子に捧げる!ゆるっと可愛いビッグシルエット着こなしテク
・ 肩を落とす&前だけイン!シャツを格上げするアレンジルール♪

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。