“B1A4 バロの妹”アイ、兄について言及「前向きな姿を見習いたい」

写真拡大

新人歌手アイ(本名:チャ・ユンジ) が実兄であり、B1A4のメンバーであるバロに対する尊敬を表した。

アイは最近マガジン「@star1(アットスタイル)」の3月号を通じて公開される、グラビア撮影及びインタビューを行った。

グラビア撮影後に行われたインタビューでアイは「『バロの妹』と知られて練習生時代から話題になっていましたね」という質問に対し「ミスでもしたら、兄に迷惑をかけてしまうのではないかと心配していた。期待していた方々を失望させないため、より一生懸命準備してデビューした」と答えた。続いて「まだ足りない部分が多いけど、応援してくださる方々から大きな力を得ている」とし、ファンへの格別な愛情を見せた。

またアイは「これまでお兄さんが活動している姿を見て、感じたことや学んだことがあると思いますが、どうですか?」という質問に対しては「だめと思うより、できるんだと前向きに考えるところを見習いたい。また足りない点があっても、今後磨いていけばいいという自信を見習いたい」と親指を立てた。

さらに「ステージの上ではカリスマ性溢れる姿、時にはやんちゃな姿を見せているけど、普段は落ち着いた感じの兄だ」と明るく笑った。

最後にアイは韓国ヒップホップ界のゴッドファーザー、ラッパー タイガーJKがタイトル曲のフィーチャリングを担当したことに対し「ある日、兄(バロ) から『タイガーJK先輩がフィーチャリングを担当してくださることになったよ』というメッセージをもらった。本当に信じられなくて『本当に?』と聞き返した」と当時を回想した。

また「兄が偶然テレビ局でタイガーJK先輩とお会いした時、慎重にフィーチャリングを頼んだらしい。それを快く受け入れてくださったと聞いて、本当に感謝の気持ちでいっぱいだった」と話した。

2月21日に発刊される「@star1」の3月号でアイは、コスメブランドMamonde(マモンド) とともに「きれいなアイ」というコンセプトで撮影に臨んだ。今号には、アイのデビューにまつわるビハインドストーリーと人間チャ・ユンジ、そして今後の活動に対する率直な話が盛り込まれている。