歪んだグローバリズムの影に潜む「隠れ保護主義」の実態

写真拡大

知的障がいのある長女は近所のピアノ教室にかれこれ2年近く通っている。

情操教育もして下さる慈愛に満ちた優しい先生で、先日は”じゃんけん”を教えていただいたとのこと。が、彼女の場合、嫉妬心はあっても勝ち負けの概念がない。したがって”じゃんけん”をする目的が理解できない。勝ち負けでしか評価されない市場取引の世界にどっぷり浸かってきた私としてはこの感覚は実に新鮮だ。彼女を育てる中では何度も「神様は粋な計らいをなさる」と思う瞬間が訪れる。

「だから、勝ち負けのない世界へ」など安直な話をするつもりは全くない。彼女のようなタイプはそのままで良いし、彼女達のフィールドはしかと確保されるべきだ。その一方で、フェアな競争や市場原理も否定するつもりはない。

かつての私のように「正当に評価してくれる、フェアで自由に競争できるチャンスと場所だけをくれ。後は自分で何とかする」という人にはそうした機会をキチンと整備して与えるべきだろう。競争のある世界、ない世界、どちらを否定しても人間の営みとして不自然だ。

誰がなんと言おうと、この世は偏見と差別に溢れている。そう言えばかつて「女なんか電話口に出すな」と怒鳴り込んできたのは、女・子どもが喜びそうな国民的アニメのスポンサーであり、今や巨額損失や不正疑惑で話題になっている製造業の担当者だった。

今でこそ鼎(かなえ)の軽重が問われるのはそうした発言をする顧客側なのだろうが、「あの会社からの電話に女性は出ないように」と戒厳令を敷いたのは私の勤務する金融機関の方だった(外資といっても東京支店の上層部は日本人だったので)。平成になってから何年も経った頃の話だ。

肩書き・年齢・性別・国籍・バックグラウンドなどあらゆる差異を越えて、正当かつフェアな評価してくれる唯一の場所が私の場合は相場の世界だった。

とは言え、私のしてきた市場取引などは所詮、虚業に過ぎない。やはり本業はモノ作りに代表されるような価値創造をする実体経済にあるというのは取引をしていた頃からの考えであり、今もその思いに変わりはない。

その意味において、金融を経済活動のメインストリームにすべきではないとの指摘はごもっともだし、例えばドッド・フランク法など金融規制緩和に食指を伸ばすトランプ政権はその点では危うい(ただし、先日の大統領令はドッド・フランク法の即時撤廃ではないので、今のところインパクトはない)。

ふり返れば「新自由主義」や「グローバリズム」がはびこったとされるこの数十年は、本当に脱保護主義、真のグローバル化だったのか。

確かに過去数十年、人もモノもお金も情報も自由に国境を越えて行き来する時代になった。しかし、そうした前提を利用しながら実は為替にしろ、補助金にしろ、関税や税制にしろ、過度の保護主義に各国が走った時代だったのではなかろうか。

最も歪んだ形でのグローバリズムの追求が各国での格差を生みだし、本来生き残るはずもない業種・業態が隠れた保護主義の下で延命される代わりに、国境を簡単に超えられない人たちはグローバル化の恩恵は受けにくいまま負担だけがのししかかり(補助金の原資は国民からの税金でもある)、保護主義の弊害を被るという状況が続いてきただけなのではないのか。

市場原理を持ち込むべきところを過剰に保護し、セイフティネットの部分は妙な自己責任論を持ちだすことに象徴されるような歪んだ構図を何とかしないと、いつまでたっても日本経済は閉塞感から抜け出せないはずだ。重要なのは、競争する場とそうでない場の線引きであろう。何を競争させ、どの部分を保護すべきなのか。

例えば関税や租税特別措置を含めた税制、補助金など、今現在どの分野でどれ程の保護を受けているのか、広く国民が知るところにならなければ、明確な線引きのための議論の余地も国民間のコンセンサスも作れまい。

グローバル化について国際社会が激しく揺れている今だからこそ、胸襟を開いて社会システムの透明性を突き詰める時期に来たのだと思うし、その努力を大いにすべきだろう。