チョン・ギョンホからEXO チャンヨルまで…「ミッシングナイン」撮影現場では“自撮り大会”

写真拡大

「ミッシングナイン」のビハインドカットが公開された。

MBC水木ドラマ「ミッシングナイン」(クリエイター:ハン・ジョンフン、脚本:ソン・ファンウォン、演出:チェ・ビョンギル) は、俳優たちのセルフショットシーンが収められた現場のビハインドカットを公開した。

公開された写真では、チョン・ギョンホ(ソ・ジュノ役)、チェ・テジュン(チェ・テホ役)、イ・ソンビン(ハ・ジア役)、EXO チャンヨル(イ・ヨル役)、キム・サンホ(ファン・ジェグク役)、テ・ハンホ(テ・ホハン役)、リュ・ウォン(ユン・ソヒ役) など、「ミッシングナイン」の俳優が、一人でもしくはそれぞれ集まって、各自の携帯電話でセルフショットを撮っている。撮影の合間にセルフショットを撮る彼らの姿から、楽しさと和気あいあいとした現場の雰囲気が感じられる。

チョン・ギョンホはチェ・ビョンギル監督と親しくセルフショットを撮っており、さらに視線を集めている。顔に大量の血と土を塗っているチョン・ギョンホを誰かが撮っている様子の写真も、異色な楽しさを与える。

ヨン・ジェウク(シン・ジェヒョン役) の葬儀シーンでの1枚とみられる、チェ・テジュンとテ・ハンホのツーショットも印象的だ。劇中、チェ・テジュンがテ・ハンホを何度も脅していた姿とは異なり、実際にはフレンドリーな姿を見せ「ミッシングナイン」のビハインドカットならではの醍醐味を感じることができる。

特にキム・サンホは、可愛い表情だけでなく携帯電話のケースにも視線が集まった。彼とそっくりなキャラクターが描かれており、彼のキュートさを倍増させている。イ・ソンビン、EXOのチャンヨルとテ・ハンホ、リュ・ウォンが一緒に集まった写真も、無人島での扮装を脱ぎ捨て、綺麗な服を着こなしている彼らの楽しい一時を察することができる。

このように和気あいあいで、楽しい姿がいっぱい盛り込まれた撮影現場のビハインドカットからは、俳優たちは扮装をしていても綺麗な服を着ていても、常に輝いているからこそ自然な笑顔を引き出せていることがわかる。

現在10話まで放送された「ミッシングナイン」は、目が離せなくなるような没頭力と惹きつける力で人気を集めている。ドラマの前半での“飛行機墜落”と“無人島遭難”という新鮮な設定、後半での漂流事件にまつわる真実を暴きながら嵐のような展開で、回を重ねるごとに視聴者たちを魅了している。

「ミッシングナイン」は、韓国で毎週水曜日と木曜日の午後10時に放送している。