写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは2月21日、サイバーセキュリティ経営の観点から企業のセキュリティ対策を支援するコンサルティングサービスを、同日より提供開始すると発表した。

同サービスでは、サプライチェーンのビジネスパートナーを含めたセキュリティ管理体制の構築支援や、製品のセキュア開発・運用プロセスの整備・体制構築支援など「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が掲げる重要10項目を網羅した各種コンサルティングサービスを提供する。

また、同社の同ガイドラインへの対応実績をベースにした独自のチェックリストを活用し、ITシステムのほか制御系システムを開発・運用する企業も対象にインタビュー、リスク分析・評価、リスクの影響度に応じた対策の提案を行う「リスクアセスメントサービス」を提供する。

そのほか、サプライチェーンを構成する中堅・中小企業向けに、NECソリューションイノベータやNECネクサソリューションズの専門家が平時の情報提供や課題ヒアリング・アドバイスを行う「サイバーセキュリティアドバイザリーサービス」を提供する。

価格は200万円(税別、リスクアセスメントサービスの場合)〜、販売目標は今後3年間で350社への提供を計画している。

(辻)