第2次世界大戦下を生きる夫婦の過酷な運命を描いた『マリアンヌ』/[c]2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

まだまだ肌寒い日が続くこの時期、スクリーンの中でも男女の“心温まる”ドラマが見たいもの。今回は、2〜3月にかけて公開される洋画の中から、気になる人と一緒に見たいオススメのデートムービーをピックアップ!

【写真を見る】いま気になる人と観たい!デートムービーはコレ!/[c]2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

■ 魔法のような時間に思わずうっとり/『ラ・ラ・ランド』(2月24日公開)

まずは、2月26日(現地時間)にアカデミー賞授賞式を控えている今、業界で最も注目を集めている作品が、史上最多タイの14ノミネートを果たした映画『ラ・ラ・ランド』だ。『セッション』(14)で一躍注目を集めた新鋭デイミアン・チャゼルが前作と打って変わって、軽快な歌とダンスを通じて2人の若い男女が夢を追う姿を描いている。

主演のライアン・ゴズリングの見事な歌唱力やエマ・ストーンのキュートなダンス、さらにポップな色使いや往年のミュージカル映画を思わせる華やかな演出も見どころ。まさに魔法にかかったかのようにウットリとした時間が過ごせる作品だ。

■ 過酷な運命に翻弄された夫婦愛に涙/『マリアンヌ』(公開中)

名匠ロバート・ゼメキス監督がブラッド・ピットと実力派女優マリオン・コティヤールを主演に迎えた『マリアンヌ』は、第2次世界大戦下のヨーロッパを舞台にしたラブストーリー。ブラピ演じる秘密諜報部員のマックスと、ミステリアスな美人スパイのマリアンヌは、あるミッションを通して出会い恋に落ちるが、マリアンヌは誰にも言えない秘密を抱えていた…。

妻マリアンヌを信じぬく夫マックスを演じたブラピの熱演も光るが、見どころはなんといっても2人の情熱的なキスシーン!浮気が噂された2人の「これって本気…!?」と疑いたくなるほどのリアルなキスには、思わず息することも忘れて見入ってしまうことだろう。

■ 宇宙にふたりぼっちのロマンチックなSF/『パッセンジャー』(3月24日公開)

『世界にひとつのプレイブック』(12)で、オスカー女優となったジェニファー・ローレンスと、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月25日公開)の公開が控えるクリス・プラット共演の『パッセンジャー』は、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描くSFラブストーリー。

地球から新たな居住地を求め5000人を乗せて飛び立った豪華宇宙船を舞台に、目的地の惑星到着まで90年も早く目覚めてしまった男女が、絶望的な状況ながらお互いを愛し合い、生きる術を見つけようと模索する。宇宙という壮大なスケールの世界に、たった2人というシチュエーションが、とにかくロマンチックな1本だ。

■ 最愛の人を失った男の再生を描く/『素晴らしきかな、人生』(2月25日公開)

最後に紹介するのは、『プラダを着た悪魔』(06)のデビッド・フランケル監督が、ウィル・スミスを主演に迎えて紡ぎ出す新作『素晴らしきかな、人生』。最愛の娘を亡くした男が、奇妙な舞台俳優たちとの出会いを経て変化していく様を描いた人間ドラマで、ウィル以外にも、キーラ・ナイトレイやケイト・ウィンスレットら、人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドスターたちの競演が見もの!豪華すぎるアンサンブルと共に、優しい感動を与えてくれる作品だけに、ぜひ大切な人と一緒に鑑賞してほしい。

今回紹介した作品は、いずれも鑑賞後に感動を共有したくなる良作ぞろい!気になる人との距離もグッと縮まること間違いなしだ。【Movie Walker】