『リトル・マーメイド』でアリエルを演じたいリンジー・ローハン (c)Imagecollect.

写真拡大

30歳の女優リンジー・ローハンが、ディズニーの実写版『リトル・マーメイド』(公開日未定)でアリエルを演じたいと切望している。

現在、ディズニーは実写版『リトル・マーメイド』の製作を進めており、リンジーは現地時間19日にインスタグラムに赤い髪の自身の写真とアリエルの写真をアップして、「『リトル・マーメイド』でアリエルとしてまた歌うわ。ディズニーはビル・コンドンが監督を務め、私の妹アリアナがサウンドトラックのテーマソングを歌うって認めたの。クリステン・グラハムがアースラを演じるわ。単純に彼女は最高だから」と投稿。アリエル役を射止めたいとアピールしていたリンジーであったが、その後キャプションを「#リトル・マーメイド」だけに変更している。リンジーは自身の大ヒット映画『フォーチュン・クッキー』(03)で歌声を披露していたほか、2004年にアルバム「スピーク」と2005年に「A Little More Personal (Raw)」をリリースしていた。近年は私生活の騒動で注目されることが多い。

リンジーが監督として“希望している”ビル・コンドンはエマ・ワトソンが主役ベルを演じるディズニー実写版『美女と野獣』(2017年4月22日日本公開)の監督を務めている。ディズニーはこれまで『マレフィセント』(14)や『シンデレラ』(15)の実写版を公開し、リース・ウィザースプーンがティンカーベルを演じる『テインカーベル』(公開日未定)、エマ・ストーンがクルエラ・デ・ビルを演じる『クルエラ』(2018年アメリカ公開)が公開される予定である。

また、ユニバーサルの実写版映画『リトル・マーメイド』(公開日未定)はクロエ・グレース・モレッツが主役で製作されることが決まっていたが、クロエは降板したそうだ。