故キム・ジヨンさん、本日(21日)出棺…多数の芸能人が哀悼の意を伝える

写真拡大 (全3枚)

本日(21日) ベテラン俳優故キム・ジヨンさんの出棺が行われた。

21日午前、ソウル聖母病院葬式場では、龍仁(ヨンイン) の埋葬地に向かう故キム・ジヨンさんの出棺が行われた。約8分間の出棺手続きを終えた遺族たちは龍仁平穏の森に設けられた埋葬地に向かった。

この日の出棺は、家族や知人などの遺族だけが出席した静かで厳粛な雰囲気の中で行われた。泣き叫ぶ人はいなくとも、遺族の沈痛な表情からは故人の死に対する悲しみが感じられた。

遺影の中の故人は、過去60年間の作品の中で見せてきた優しい笑顔をしており、人々をさらに悲しませた。

出棺を終えた故人は龍仁平穏の森に設けられた墓地で、永遠の眠りにつく予定だ。

キム・ジヨンさんは19日午前、肺がんで死去した。享年79歳だった。1960年にデビューして以来、「西部戦線」「ブーメラン・ファミリー」などで精力的な活動を展開し、最近も「ゴハン行こうよ2」「ラブリー・アラン」などに出演して健在を見せていたため、さらに衝撃的なニュースだった。

このことを聞いたタレントのキム・グクジン、俳優ヨ・ヒョンス、映画監督チョ・ウォニなど芸能界の関係者も哀悼の意を伝えた。特に、女優パク・ウネは自身のSNSを通じて「先送りして先送りして一度も連絡できなかった。天国でも演技に対する情熱を絶やさないと思う。安らかに眠ってください」と悲しさを表した。