2月26日に50歳の誕生日を迎える横浜FCの三浦知良が、自身で監修したフォトブック「BOA SORTE KAZU」を24日から発売する。もはや世界が注目している50歳の現役プロサッカー選手の歴史をたどった1冊だ。

 各国のカメラマンが撮影した約100枚に及ぶ写真と4万字を超えるメッセージにカズの長いサッカー人生が凝縮されている。写真毎にその時のエピソードが綴られており、未だに現役を続けているその理由も読み応えがある。

 ブラジルでの初ゴールからJリーグや日本代表での活躍などはもちろん、ワールドカップ予選での挫折まで盛りだくさんである。セクシーに生尻の写っている写真もあり、その鍛えられた肉体も披露している。さらにマイク・タイソンとの2ショット写真やオフの家族旅行でのスナップ写真もあるが、これもサッカーに通じるものなのだ。それぞれに綴られたメッセージは、今の自分と当時の自分との対談するようにしながら書かれたものとカズは語っている。

 これまでの自分の半生を振り返りながらこれからの自分の為に製作したものとも言える。今シーズン前人未到の50代で現役を迎える開幕に合わせた出版のタイミングも頷けるものである。