金正男氏

マレーシアのアマン外相が20日、北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に関連して声明を発表。同国駐在のカン・チョル北朝鮮大使が「マレーシアの捜査は信じられない」などと発言したことに対して、「我が国に対する侮辱だ」と強く非難した。マレーシアの英字紙、ザ・スターが報じた。

アマン外相は、カン大使が「捜査の背後に誰かがいる」「マレーシア警察の捜査は死因の究明ではなく、政治的目的に基づくものだ」などと発言したことに対し、「妄想と嘘、半分の真実(半ば嘘)をかき集めたもの」とし、異例の強い表現で非難した。

また、マレーシア警察は法律に基づき公平に捜査を行っていると反論した上で、「外国政府とマレーシアが結託している」と述べたカン大使の発言に対して「マレーシアを深く侮辱している」と強い口調で抗議した。

さらには「すべての文明国ではこのような事件の捜査は包括的に行われ、そうするのが政府の責務であり、社会もそれを望んでいる」と指摘。あえて「文明国」との言葉を使うことで、北朝鮮の非常識ぶりを際立たせた。

外相はまた、大使館は駐在国の政府が捜査を可能な限り徹底的に行うことについて全面協力するのが国際慣習であり、捜査の信頼性を疑うことではないと批判した。

外相の声明発表に先立ち、マレーシアのナジブ首相も「警察の捜査を絶対的に確信している」と述べた。

金正男氏の遺体の処遇を巡るマレーシアと北朝鮮の軋轢は、非難の応酬へと発展しており、長年の友好関係が終焉を迎える可能性さえ生じている。