自身初の世界ランク1位の座についたダスティン・ジョンソン(撮影:GettyImages)

写真拡大

<男子世界ランキング>
米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」を終え、最新の男子世界ランキングが発表された。同大会で今季初勝利を飾ったダスティン・ジョンソン(米国)がジェイソン・デイ(オーストラリア)を退け、自身初の世界ランク1位の座についている。
DJが初の世界ランク1位戴冠!米国男子ツアーフォトギャラリーはこちら
デイは昨年3月以来となる2位に陥落。同大会で今季初の予選落ちとなった松山英樹だが、世界ランキング5位の座はキープしている。
欧州・アジア・豪州の3ツアー共催競技「ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース」で優勝を果たしたブレット・ランフォード(オーストラリア)が141人抜きとなる133位に急浮上。また、トップ10には再びアレックス・ノレン(スウェーデン)が返り咲いている。
「ワールド・スーパー6・パース」を15位タイで終えた谷原秀人は、2ランクアップの56位と「マスターズ」出場圏内の世界ランク50位には届かなかった。次戦はメキシコに移動し、3月2日(木)より開幕する「WGC-メキシコ選手権」に出場を予定している。
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(10.28pt)
2位:ジェイソン・デイ(9.77pt)
3位:ローリー・マキロイ(9.13pt)
4位:ヘンリック・ステンソン(8.64pt)
5位:松山英樹(8.59pt)
6位:ジョーダン・スピース(8.47pt)
7位:アダム・スコット(5.80pt)
8位:ジャスティン・トーマス(5.52pt)
9位:セルヒオ・ガルシア(5.18pt)
10位:アレックス・ノレン(5.07pt)
36位:池田勇太(2.94pt)
56位:谷原秀人(2.25pt)
109位:小平智(1.47pt)
115位:石川遼(1.37pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ダスティン・ジョンソン世界一は、もらうべき人がもらったボーナス【舩越園子コラム】
松山英樹、今季初の予選落ち「こういうスコアになっても仕方ない内容」
世界ランキングNo.1から陥落したジェイソン・デイ、DJは「1位になって当然」
「できるところは取り入れたい」渡邉彩香、米ツアー観戦で松山英樹らから刺激
パットが入らない人に朗報! デイお気に入りパター