画像

写真拡大 (全2枚)

 IMJとカラフル・ボードは、ユーザの味覚を解析しお酒を提案する「SENSYソムリエ」を活用した人型ロボット「Pepper」向けロボアプリを開発。2017年2月15日より、伊勢丹新宿本店のキャンペーンにて同アプリを実装したPepperが接客を開始する。

 デジタルマーケティングを支援するIMJ内のR&D部 Smart Innovation(以下、すまのべ!)は、カラフル・ボードと、ユーザの味覚を解析しお酒を提案する「SENSYソムリエ」を活用したソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」向けロボアプリの開発、提供を開始した。

 これまで「SENSYソムリエ」では、タブレット端末を活用しサービスを提供してきた。今回、新たにPepperを活用した接客を開始するにあたり、ソフトバンクロボティクスの「Pepperパートナープログラム」ロボアプリパートナー(Basic)に認定されているすまのべ!が、Pepperアプリ開発のパートナーとしてロボアプリを提供した。

 また2017年2月15日より、伊勢丹新宿本店「花々祭」キャンペーンにて今回のロボアプリを実装したPepperが接客を開始する。

MarkeZine編集部[著]