『キングコング:髑髏島の巨神』より。写真上:ブリー・ラーソンとトム・ヒドルストン。写真下:サミュエル・L・ジャクソン (C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

この春の超注目作である『キングコング:髑髏島の巨神』の公開を前に、3月14日、15日に主役のトム・ヒドルストンが初来日することがわかった。あわせて、アカデミー賞を受賞した『ルーム』以来1年ぶりの来日となるブリー・ラーソンと、2012年の『アベンジャーズ』以来となるサミュエル・L・ジャクソンも来日する。ジャクソンの新作PRでの来日は意外にも2回目となる。

[動画]到着した『キングコング:髑髏島の巨神』キャスト来日メッセージ動画

ヒドルストンは『マイティ・ソー』のロキ役で日本でもブレイク。国内の数々の映画誌の表紙を飾り、次期ジェームズ・ボンドとも噂される英国人俳優だ。また、彼らの来日を記念し、3人揃って「コンニチハ!」で始まる3ショットのメッセージ動画も到着した。

来日中にはジャパンプレミアに登場。歌舞伎町のゴジラ・ロードに敷き詰められたカーペットの上を歩く予定で、さらにド派手な「ゴジラvsキングコング」の演出も予定している。ちなみに、そのゴジラとは、2020年に究極のモンスター対決をすることになる映画の公開も決定している。

さらに今回は、このプレミアに日本語版吹替えキャストであるGACKTと佐々木希も登場予定だ。はたしてどんなイベントになるのか?
 
『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日より全国公開となる。