『史上最悪の地球の歩き方』/Huluサイトより

写真拡大

ラブストーリーやサスペンスなど、さまざまなジャンルがあるものの、普通のドラマだけではもはや物足りなくなっている人にオススメしたいのが海外ドキュメンタリー。そこで、2月8日〜14日のHulu週間ランキングから、ムビコレ編集部のイチオシ番組をご紹介したい。

トランプ大統領批判が吹き荒れるか!? アカデミー賞授賞式への影響を予想!

今週、北朝鮮の金正男氏がマレーシアの空港で女性たちによって暗殺されたというニュースが駆け巡り、まだまだ深まる謎に、「まるでスパイ映画みたい!」と驚いた人も多いだろう。 しかし、世界にはまだまだ信じられないような出来事があちこちで起きているのも事実。

そんななかで注目の作品といえば、4位にランクインしている『史上最悪の地球の歩き方』。実際に起きた事件をもとに描いたドラマ仕立てのドキュメンタリーだ。外国で麻薬密輸容疑の罪で捕まった人や海賊に誘拐されてしまった人などの壮絶な経験を垣間見ることができる。人気俳優たちが出演しているわけではないが、その内容の興味深さが話題となり、1月末の配信直後から多くの視聴数を獲得しているという。

日本ではあり得ないような現実も映し出されるため、自分が海外で事件に巻き込まれないための教訓として見ることもできそうだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 2月8日〜14日の週間ランキング/海外ドキュメンタリー&バラエティー】
1位『古代の宇宙人』
2位『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』
3位『リップシンクバトル』
4位『史上最悪の地球の歩き方』
5位『サベージ・キングダム:残酷の王国』
6位『トップ・ギア USA』
7位 『同じ日に生まれた4つの命』
8位 『人類滅亡 -LIFE AFTER PEOPLE-』
9位 『ノストラダムス・エフェクト 〜予言と黙示録〜』
10位 『ピンプ・マイ・ライド 〜車改造大作戦!〜』