新庄剛志氏(写真:gettyimages)

写真拡大

20日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、元プロ野球選手の新庄剛志氏がメール離婚の顛末を語った。

番組では、新庄氏が「しくじり先生」として登場し、これまでの波瀾万丈な人生の中から離婚の際のエピソードを語った。

2006年に17年間の現役生活を終え、引退した新庄氏は、CM撮影でインドネシア・バリ島を訪れた。新庄氏がビーチに行っても、誰も自身のことを知らず、「最高の島だ」と思った翌朝には「バリに住む」と移住を決意する。

そこで、新庄氏は「自由がほしかったんでしょうね」と、2000年に結婚した元妻でタレントの大河内志保との離婚も決意したというのだ。そんな新庄氏が離婚を伝えるのに取った方法は、メール。新庄氏はメールで「今日からバリに住むんで離婚します」と申し入れたとか。

離婚に同意してくれた大河内に対して、新庄氏は「いい人なんですよ、わかってくれて」と称賛した。そして翌日、慰謝料を新庄氏の金銭を管理していた人物が振り込み、離婚したそうだ。このエピソードにほかの出演者は驚き、絶句していた。

【関連記事】
新庄剛志氏 南国バリ移住のため巨額慰謝料払い離婚したことを告白
千秋に離婚を相談してくる女性芸能人「いま2組いる」
明石家さんまが離婚しそうな芸能人の特徴を指摘 テレビで仲良しアピールする