「しくじり先生」に出演中のオードリー・若林

写真拡大

2月20日(月)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! お金で大災難3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に、ゲスト先生として、昨日バリから緊急帰国した元プロ野球選手の新庄剛志が登場。元々番組の大ファンであるという新庄は自ら出演を逆オファーし、番組史上最高額となる金銭トラブルをテレビで初告白した。

同番組では、ドン小西が資産60億から借金15億への転落人生を激白したことも

冒頭「番組史上、一番すごい額をしくじりました…」と語った新庄は、阪神タイガース時代からメジャーリーグに至る“スター伝説”を次々暴露。

メジャーに渡り、日本人初の4番バッターに抜擢されて大活躍を果たした新庄にはスポンサー契約が相次ぎ、リストバンドをつけたら4000万円、アンダーシャツを着たら2000万円という具合に、高額なお金がドンドン入ってきたという。

さらには、ファーストクラスが自分1人のために貸し切りになったり、某高級ブランド店から、お店ごと洋服をプレゼントされそうになるなど、数々のスター伝説を告白。

この時まさに調子に乗っていた新庄は「“野球なんかマジバイト!”と思っていた(笑)」と語り、生徒役のハライチ・澤部佑、平成ノブシコブシ・吉村崇らは「スターは違う!」と新庄の過去の称賛に、終始驚きを隠せない様子だった。

現役時代は、総額44億円ほど稼いだという新庄だったが、実はこの大金を、母親の知り合いで実業家であるA氏に全額託し、お金の管理は一切合切任せていたという。

しかし、17年間の現役生活を経て、自分のことを誰も知らないバリ島で暮らすことを決意した新庄が、A氏の元を訪ねてお金をすべて引き出そうとすると、なんと貯金額はたったの2200万円に!

大事件であるにも関わらず、「(A氏を)問い詰めたら、会社の資金に使っていたんです。“エーッ!!”じゃない?(笑)」とにこやかに語り、新庄節をさく裂させた。

新庄は裁判の末、もう8000万円手にすることができたが、このA氏は、2012年に破産宣告。44億から税金を引いた22億円は、闇に消えてしまったという。

史上最悪の被害額に、オードリー・若林正恭は「40億ものお金を預けられたら、そら人生狂うよね」とコメント。

新庄は「やばいね〜。悔しいけど、他人に任せた僕が悪い。責任は僕にある!」と潔く語り、ラストは「(自分の資産は)年に1、2回はチェックした方がいい!」とアドバイスして授業を締めくくった。

現在はバリ島でつましく暮らし、500円のサングラスをかけ、全身のトータルコーディネートも3800円というリーズナブルなものになった新庄。

大金を失って反省し、お金の管理に関してもマメになったという。

「つらいけど、今は“また稼ごう!”と思える。これからは毎日楽しく生きるだけ」と語る彼の笑顔は、幸せが満ちあふれていた。

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)は毎週月曜 夜8:00放送。