20日、落馬事故で入院中の俳優アンディ・ラウについて、損失額は最低でも1300万ドル(約15億円)と報じられている。写真は映画「拆弾専家」のアンディ・ラウ。

写真拡大

2017年2月20日、落馬事故で入院中の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)について、損失額は最低でも1300万ドル(約15億円)と報じられている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

アンディ・ラウは先月17日、タイ・バンコク郊外でCM撮影中に落馬事故を起こした。この事故で骨盤を骨折したほか、脊椎にも損傷を負ったとされ、復帰までに半年以上はかかる見込み。年内の仕事再開は、ほぼ不可能な状態となっている。

事故後、数々の仕事がキャンセルまたは延期となっているが、香港メディアではその損失額を算出。最低でも1300万ドル(約15億円)に上ると報じている。2015年に米誌フォーブスが発表した中華圏の「有名人ランキング」では、アンディ・ラウの年収は第8位の7000万元(約12億円)となっている。

最新主演作のポリスアクション映画「拆弾専家」(Shock Wave)は、中国で4月に公開予定。同月下旬には台湾でも公開されるが、プレミア上映については20日、アンディ・ラウ側から欠席が発表されている。(翻訳・編集/Mathilda)