歯ぎしりは自分ではなかなか自覚できないものです。突然家族や友人などから「歯ぎしりをしていたよ」と指摘されてびっくりしたことのある人も多いのでは。原因不明の頭痛や肩こり、寝ても疲れがなかなかとれないなどといった症状は、もしかしたら歯ぎしりが原因かもしれません。心当たりがある人は、歯ぎしりの悪影響と予防法を知って、対策をとりましょう。

代表的な歯ぎしりは3タイプ

1、歯のこすり合わせ(グラインディング)

一般に歯ぎしりといわれるものはこのタイプが多いです。強い力で上下の歯をこすり合わせ、ギリギリという大きな音を立てます。

2、歯の噛みしめ(クレンチング)

強い力で歯をくいしばる動作です。こすり合わせないため音はほとんどしませんが、歯や歯茎、顎には大きな負担をかけています。

3、 歯を鳴らす(タッピング)

カチカチやカチンカチンと、上下の歯をぶつけるタイプの歯ぎしりです。

歯ぎしりを放置するとどんな影響があるの?

歯ぎしりで歯をくいしばる力はとても強く、体重50kgの人で体重の倍である100kgの力が歯や顎に加わっているそうです。普段の食事で加わる力は1kg程度で、100kgはクルミが割れるほどの力なんだとか。それが一晩のうちに数分〜数時間もかかっているのですから、歯や顎にも相当な負担がかかっていることがわかりますよね。また、歯ぎしりが原因で考えられる悪影響には以下のようなものがあります。

歯が削れたり、割れたりしやすくなる︎歯のエナメル質が破壊され、知覚過敏になりやすくなる︎頭痛、肩こり、顎や首の痛みの原因になることがある︎耳鳴りやめまいを引き起こす原因になることがある︎睡眠無呼吸症候群との関連性が示唆されている︎顎の筋肉が発達し、エラが張ることがある︎顎関節症の原因になることがある

歯ぎしりを予防する方法は?

歯ぎしりの原因は大きく二つ考えられ、一つは「上下の歯のかみ合わせの悪さ」、そしてもう一つは「ストレス過多」によるものです。ストレスを自覚している場合は、積極的にストレスを解消したり、十分に休息がとれるような環境作りをすることも効果的。枕の高さを変えるだけでも症状が緩和されることがあるようです。それでも歯ぎしりが改善しない場合は、歯医者さんに相談しましょう。歯医者さんでは、就寝中にはめる用のマウスピースを作ってくれます。歯型を取り、その人にあったオーダーメイドなので、市販のもので代用するよりも効果を実感しやすいでしょう。健康保険が適用されるので、費用も5000円程度と安心です。

普通、口を自然に閉じた状態だと、上下の歯はつかないのが正常です。今、パソコンを見ているこの状態ではどうでしょうか?無意識に歯を噛みしめている自分に気付いたら、その都度くいしばらないように注意するだけでも大分違ってくるはずです。歯ぎしりをする期間は長ければ長いほど、歯や歯茎、顎などにかかる負担が大きくなり、様々な悪影響が起こりやすくなります。自分のためにも周りのためにも、早めに自分に合った対処法を見つけて対策をとりましょう。


writer:サプリ編集部