昨年度の作品展示例

2017年2月21日(火)から2月26日(日)まで、千葉県市川市にある木内ギャラリーにて「MFF〜Mysterious Faculty of Final memory〜」が開催される。千葉商科大学政策情報学部で表現分野を専門に学ぶ楜沢順教授(専攻:西洋美術 / 油彩 / 版画 / メディア芸術 / コンピュータグラフィックス / アニメーション / 映像)のゼミナールによる卒業制作展。楜沢ゼミの4年生14名が、学びの集大成となる作品を一般公開する。入場無料(未就学児の入場は不可)で、時間は9:30〜16:30(最終日は15:00まで)。「MFF〜Mysterious Faculty of Final memory〜」では、イラスト / 映像 / 写真 / 立体モデル / ドール製作など、学生たち各々が目指す表現についての研究と制作の成果が展示される。4年生は最終学年にあたる今年度に、1年間を費やして制作に励んできた。会場では、4年間で培われた表現の技術や手法を生かし、それぞれの思いが込められている個性に満ちた作品の数々に触れることが可能。制作展自体の企画や運営も、全て学生たちが行っている。

昨年度の作品展示例

■期間:
2017年2月21日(火)〜2月26日(日)

■開催場所:
木内ギャラリー
千葉県市川市真間4-11-4

■問い合わせ先:
千葉商科大学 / 木内ギャラリー
url. http://www.cuc.ac.jp/
url. http://www.tekona.net/kiuchi/index.php