【詳細】他の写真はこちら

こんな小さな家に住むのも憧れだなー!

『ウニモグ』がキャンピングカーになったり、レンタルサービスがあったりと根強い人気を誇るキャンピングカー。その居住部分を牽引するタイプをキャンピングトレーラーと呼ぶのですが、フランスからなんとも小さくてカワイイ、しかも家族3人が本気で住める『Calypso』がやってきました!

Baluchonというメーカーから登場したこの『Calypso』、長さ6.5メートル×高さ4mとコンパクトなボディにベッド、机、ソファ、個室、シャワーやトイレ、キッチンやシンクを詰め込み、それでいて、内部はかなり開放感があります。

ウッディで奥行きある室内空間





まるで実家のような安心感……といっても、言い過ぎではないでしょう。アカスギの木材で統一された車内は、まるで高級コテージのよう。お金を払ってでも泊まってみたいかも。

自然の光が入る、広々としたベッド





居室だけでなくベッドも広々。さらに各所に設置された窓から、自然光がさんさんと降り注ぐのもいいですね。自宅にいるときよりも、気持ちよく目覚められそうです。

3人家族がちゃんと団欒できそうなリビング





どう見ても一般家庭のそれにしか見えない、見事なリビングルーム。テーブルではきちんと3人が並んで椅子に座り、ゆったりと食事をとることができそう。さらにガスコンロやシンクもさっぱりとしたデザインで好感が持てます。

そしてバストイレ完備!





もちろんトイレやシャワーといった水回りも完備。公式ホームページには値段などの情報はありませんでしたが、マイホームを持っていたとしてもトレーラーをセカンドハウスとして欲しいという人はいるかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト



Baluchon(『Calypso』製品ページ)

関連記事



最強の車中泊マシン爆誕! あの『ウニモグ』がキャンピングカーに

300万円台で買えるキャンピングカー! ワンボックスベースの「バンコン」を狙え

ネットで借りて、自宅に届く。「レンタルキャンピングカー」ってこんなに使える!