写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友海上火災保険は2月20日、ウェザーニューズと連携し、スマートフォンを利用する内航船向けの安全運航支援サービスである「SIGNAL(シグナル)」を2017年4月に開始すると発表した。

新サービスは、ウェザーニューズが提供する専用スマートフォンを利用して、貨物船やタンカーなどの商船のうち内航船が危険海域を航行する際に音声やメールで注意喚起するほか、気象・海象予報や本船周辺海域の映像を専用Webサイトで提供するもの。事故の未然防止に役立つほか、安全航路の選定にも利用できるとしている。なお、同サービスの利用には、別途ウェザーニューズとの有償契約が必要となる。

同サービスの開発の背景として、内航船はCO2排出量が少ないことに加え、大量輸送にも適しており、政府の掲げるモーダルシフト推進の手段として注目度が高まるとともに、今後の利用拡大を見込めるとしている。

そのような状況の中で、同社は事故の未然防止を損害保険会社の使命と考え、これまで以上に内航船の安全運航を支援すべく、ウェザーニューズと連携して同サービスを開発したという。

同サービスは、スマートフォンのGPS機能を利用して、危険海域に接近すると音声やメールや専用Webサイトで注意喚起するアラート機能を搭載、海難事故の防止・軽減に繋がるとしている。アラート対象は、事故多発・漁具定置・浅瀬の3つのエリア。

また、全国130の港における最新の気象・海象予報に加え、海上警報や台風の進路予測、波高・海流予報を提供することで、より安全な航路での運航を支援するとしている。

さらに、陸上からも本船周辺海域の状況を確認できるよう、スマートフォンのカメラの映像を定期的に専用Webサイトに配信する。最適航路の選定や本船・陸上間での安全航路の確保に向けた情報共有に役立つという。

(山本善之介)