写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIは2月20日、2017年3月以降に、IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」と「KDDI IoTクラウド 〜トイレ節水管理〜」を提供開始すると発表した。

「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」は、トイレの個室にIoTを活用することで、スマートフォンから空き状況をリアルタイムに閲覧できるサービス。同サービスにより、トイレの空室を探す時間や空室待ちの時間を減らすことが可能になる。

「KDDI IoTクラウド 〜トイレ節水管理〜」は、トイレの個室内に設置された人感センサーと高機能フラッシュバルブを組み合わせることで、利用者の滞在時間によって適切な水量の流し分けが可能になるサービス。

同サービスでは、IoTを活用してトイレの各個室における水量データを把握することで、フラッシュバルブの状態の監視も行うため、正確な水量のモニタリングおよび遠隔で必要なメンテナンスも可能になる。

同社によると、従来に比べて40〜50%の節水が可能になるという。

価格は、「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」は1個室当たりのセンサーが月額450円室、トイレ1カ所当たりのセンサーが1台月額4600円、「KDDI IoTクラウド 〜トイレ節水管理〜」が1個室当たりのフラッシュバルブが月額2300円〜6000円となっている(いずれも税別)。

(辻)