住宅の予算を1000万円下げる「コンパクトな生活」のススメ

写真拡大

不動産価格の高止まりが続いている。首都圏で2016年12月に売りに出されたマンション価格は平均で5078万円。前年同月比でマイナス379万円とやや下落傾向にあるものの平均的な会社員の給料ではいまだ手の出ない水準のままだ(首都圏のマンション市場動向 2016年12月度 不動産経済研究所 2017/01/19)。

「今は低金利だけどマンションの価格が上がっている」と言われる事も多いが、正しくは「低金利だから不動産価格が上がっている」となる。つまり金利と不動産価格はシーソーの関係にある。毎月の返済額が同じでも金利が低ければより多額の借り入れが可能になり、結果的に高額な支払いも出来るようになるからだ。

そこに海外投資家や相続対策の需要も加わった結果、特に都心部の資産価値が残ると言われている地区は、不動産バブルと言われながらも値下がりする気配はほとんどない。

■平均で5000万円ならば実際は6000万円超?

「マクロ」な話は良いとして、ミクロな個人の住宅事情に目を移してみるとどうか。自分がFPとして対応する相談者は首都圏で購入を考えている方が多く、となれば物件価格は安くて5000万円前後、6000万円を超えることも珍しくない。平均で5000万円ならば当然これ位の価格になってしまう。

ファミリー向けのマンションが60〜80平方メートル程度である事を考えると、6000万円のマンションならば1平方メートル当たり75万円〜100万円、坪単価で約247万円〜330万円となる。

「座って半畳、寝て一畳」という古いことわざがあるが、金額に換算してざっくり計算すると「座って100万、寝て200万」といったところか(正確には1畳=1.5〜1.8平方メートル程度で、200cm×90cmのシングルベッドサイズに近い)。

このように考えると、自宅のスペースは極めて貴重で限られたリソース(資源)である事が分かる。家計も企業経営と同じで、貴重なリソースを無駄遣いすることは許されない。

■収納スペースに1000万円もかけるべきか?

普段のアドバイスでは500万円とか1000万円という金額は人生を左右する額であると伝えている。つまり住宅の予算はその人の人生に影響する、ということだ。

もちろん、予算は低い方が住宅のローンの返済がラクであることはわざわざ説明するまでもないが、予算を下げれば通勤時間が伸びる、駅から遠くなる、部屋が狭くなる、など何かしらのデメリットを受け入れる必要がある。市場経済の世界ではトレードオフの原則(あちらを立てればこちらが立たず)から逃げようがないからだ。

ではお金の世界から少しだけ離れてこの問題を解決する方法は無いのか考えてみたい。つまり希望の場所に無理のない予算で家を買う方法だ。それが実は「モノを減らす」という一見すると簡単な方法だ。

住宅における押し入れやクローゼット等の収納スペースは、概ね1割程度が目安とされている(間取りや、一軒家とマンションでも異なるのであくまで目安)。つまり60〜80平方メートルのマンションならば6〜8平方メートルとかなりの広さが収納に使われる。タンスやラック、テレビ台、本棚などのスペースも含めれば、さらに多くのスペースが使われている事になる。

これらのスペースを大幅に減らすことができれば、つまり収納が不要だからもっと小さいマンションで十分という判断が出来るようになれば、予算を大幅に減らすことが出来る。人気地区で10平米狭い部屋にすれば、予算を1000万円下げる事が可能になる。

もう何年も前になるが、相談者の方から「中嶋さんのアドバイスはこんまり先生の話と似ている」と指摘された。その時に初めてしったが、こんまり先生こと近藤麻理恵さんは、著書が100万部を超えるベストセラー作家でもある有名な片付けコンサルタントだ。その前年には断捨離も話題になっていたが、今も続くミニマリスト(極限までモノを減らす暮らしを実践する人のこと)のブームの下地にはなっていたのではないかと思う。

相談者から指摘された「似ている」という箇所は、お金は手段にすぎず、楽しい生活を送るために家計や住宅や保険の事を考えるべき、という部分だ。近藤さんの著書はタイトルにある通り、ときめく生活、つまり楽しい生活を送るために片付けをしましょう、という内容だ。断捨離やミニマリストも同じく「モノと生き方」の関係を説いたもので、自分が「お金と生き方」の関係を力説していることかぶって聞こえたのかもしれない。

■モノを減らせば余計なお金を使わずに済む

自書『一生お金に困らない人、死ぬまでお金に困る人』では、これらの発想を取り入れて、「お金とモノと生き方」の関係について言及した。

結論を言ってしまえば、モノを減らせば余計なお金を使わずに済み、快適な空間で生活を送ることができますよ、という事になる。これは住宅購入を検討している人に限らず、既に買った人も同様だ。

そんな簡単に片付けが出来たら苦労しない、という人も多いだろう。だからこそ片付け本が売れてミニマリストもブームになっているのだと思うが、押し入れやタンスが二度と手に入らないモノや高価なもので埋め尽くされている、という人はどれくらいいるだろうか。その多くは近所のコンビニや100円ショップ、あるいはアマゾンで瞬時に手に入るものばかりではないだろうか。

そしてそれらの使用頻度はどれくらいかと考えてみて欲しい。毎日使っているものであれば手元に置いておけばいい。1カ月に1回は使うとか、冬には必ず使うなど、そういったものも捨てる必要は無い。ただ、年に1回も使っていない、それどころか引っ越しを何度も乗り越えてきたガラクタのようなものも無いだろうか?

このような基準で考えると、家にある大半のものは不要という事になってしまう人もいるのではないかと思う。モノを捨てる際の判断基準は「使えるか」ではなく「使うか」となる。分かりやすいものでは、何年も前に買ったが現在は全く着ていない高価な洋服だ。買った時の価格を覚えているとなかなか捨てにくい。

しかし、高価なブランド品でも購入から何年もたてば二束三文の価値しかない。他の洋服を全部クリーニングにでも出さない限りまず着ない、というくらいの状況であれば、捨ててしまって問題ない。何年も着ていないものや使っていないものが手元から無くなって困ることはまずない。自分自身の経験でも、捨てたものを買い直したことはほぼ無い。引っ越しでレイアウトが大幅に変わり、過去に捨てたモノと同じサイズのメタルラックを1つ買った程度だ。

押し入れやタンスを占拠するガラクタも再度買った場合はいくらかかるか?と考えれば1つ数百円とか数千円程度のモノがほとんどだろう。そういったものは全て捨ててしまっても問題は無い。いつか必要になったらまた買えば良い(ついでに言うと、その「いつか」はまず来ない)。

■片付けは仕事術にもなりうる理由

デザイナーで有名な佐藤可士和氏は「佐藤可士和の超整理術」という書籍を出版している。モノを片付けることは仕事にも影響する。書籍の内容は単純な片付け方法の解説では無いのだが、この本で最も強く読者にインパクトを与えているページは、冒頭で紹介されている数枚の写真だろう。

佐藤氏の事務所はイスとデスク、その上にマックがポツンと置いてあるだけ。収納スペースにはメタルラックに女性でも持てるくらいのやや小ぶりな段ボール(フェローズ製のバンカーズボックスという白い箱)がずらりと並んでいるだけ、という環境だ。

机は仕事をする場所であってモノを置く場所では無い、と佐藤氏は言い切る。収納スペースでメタルラックに白い段ボールを並べている理由は、片付けるモノに合わせて収納する棚やケースを変えるのではなく、収納する側を同じ段ボールで統一してしまって、そこに書類でもデザインのサンプルでも何でも入れてしまう方法にしているからだという。これは外から見ると、同じ段ボールが並んでいるだけなのでゴチャゴチャする余地が全くない。

中に何が入っているかは箱にペンで書き込み、破れたり汚れたりしたら交換してしまうという。これはプライベートでも利用できる片付け術ではないかと思う。

部屋が片付いている状態が日常となれば、無駄なものを買おうと思わなくなる。つまり少ないスペースでも快適に、そして余計な支出をせずに生活が出来るようになる。

自分が最初に買ったミニマリスト本でもいくつかの参考例が紹介されていたが、リビングならばテーブルとイス、そして必要であればテレビにソファーといった非常にシンプルな構成だ。それ以外に必要なものはあるか、と考えると確かにほとんど無い。

片付けに関するより詳細なテクニックは他の書籍等に譲りたいと思うが、モノを減らした生活スタイルが身につけば、タイトル通り住宅の予算を大幅に下げることは可能だ。そして住宅に限らず日々の買い物でも自然とストップがかかる。結果的に本当に必要なものだけを買う、という理想的なお金の使い方が出来るようになる。

マンションの管理費・修繕積立金は広さに比例し、部屋が広ければそれだけ光熱費も増える。小さい部屋で快適に暮らす術を身に着けると、様々な支出を減らすことが出来る。

■「コンパクトな生活」で快適に暮らす

自著では「コンパクトな生活」という表現を使っている。コピーライターの糸井重里氏が1982年に考案した、西武百貨店の「おいしい生活」をもじったものだ。

元々は相談中に偶然出てきた言葉で、夫婦ともに収入は高く貯金も多いが、住宅購入や教育費で無理はしたくない、収入が大幅に落ちても平気な状況にしておきたい……そんなほどほどの生活スタイルが理想だと聞いて「コンパクトな生活が理想なんですね」と答えると、まさにそれだという反応だった。

このご夫婦は無理に切り詰めた生活を望んでいるわけでは無い。住宅ローンや教育費が固定費となって、多額の支出を賄うために無理して働く状況は避けたいという希望だった。たまの贅沢で高級なレストランに行ったり高い洋服を買うことと、住宅や教育にお金をかけることには大きな違いがある。継続的に支出が発生するか、つまり自身で支出のコントロールが容易かどうかの差だ。

収入が減った時にレストランや洋服は簡単にやめられるが、住宅ローンの支払いや教育費(私立の学校など)の支払いは簡単にはやめられない。それをアドバイスするまでも無く理解をしている、マネーリテラシーの高い夫婦だった。

モノと生き方の関係、お金と生き方の関係、そしてモノとお金と生き方の関係……これは全ての人にとって一生ついて回る問題だ。もちろんここに書いた内容が正解だと押し付けるつもりはない。早い段階でこれらの関係に上手く折り合いをつける方法を身につけられると、ラクな人生を送ることができるのではないかと思う。

----------

ファイナンシャルプランナー 中嶋よしふみ
2011年にファイナンシャルプランナーのお店・シェアーズカフェを開業。対面では夫婦向けにプライベートレッスンを提供。特に共働きの夫婦へのアドバイスを得意とする。レッスンは一日一組に限定、お客様ごとに最適化したレッスンと適切なアドバイスを組み合わせて高度なコンサルティングを提供中。客観的な視点、リスクを重視した合理的なアドバイスがお客様の支持を得ている。2014年に法人化。シェアーズカフェオンライン編集長も務める。近著に『一生お金に困らない人、死ぬまでお金に困る人』がある。

----------

(ファイナンシャルプランナー 中嶋よしふみ=文)