巨額のカネが動く中国スーパーリーグに注目!

写真拡大

 とにかく、スケールがデカい。連日、華やかなニュースが世界のフットボールファンを驚愕させる。やっぱり欧州は凄い?いやいや違う、隣国・中国のサッカーリーグの話である。

 2004年に国内プロリーグがスタートした中国。現在は、超級(1部/16チーム)、甲級(2部/16チーム)、乙級(3部/20チーム)で構成されている。大のサッカーファンとして知られる習近平国家主席の肝いりで、2016年に施行された「中国足球改革発展総体法案」のもと、名を馳せた指導者や有名選手を各チームが集めまくり世界を騒がせている。また急速な環境整備や育成組織の強化も図っている。彼らが目指すのは「中国代表が世界一になること」だ。

 この冬の移籍市場でもビッグディールがあった。現役ブラジル代表オスカールをイングランドプレミアリーグのチェルシーから、また元アルゼンチン代表カルロス・テベスが「名門」ボカ・ジュニオルスから、獲得したのはどちらも上海のクラブだ。

1位:カルロス・テベス(上海申花)72万ユーロ≒約8640万円
2位:エセキエル・ラベッシ(河北華夏)57万ユーロ≒約6840万円
3位:オスカール(上海上港)48万ユーロ≒約5760万円
4位:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)44万ユーロ≒約5280万円
5位:リオネル・メッシ(FCバルセロナ)42万ユーロ≒約5040万円
5位:フッキ(上海上港)42万ユーロ≒約5040万円

◆テベスに至っては分給8600円!

 昨年末にイタリア紙“ガゼッタ・デッロ・スポルト”が報じた「世界高額年俸選手〜“週給”ランキング」のトップ5、毎年バロンドールの中心に居るご両名以外は皆が中国クラブの所属だ。

 もちろん推定ではあるのだが、テベスに到っては“分給8600円”という、もう何が何だか分からない世界である。数字で理解し難いのであれば、現地へ行って肌で感じる方が早い、とばかりに、彼らがAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)本選出場を掛けたプレーオフへ出場するという情報を掴み、急遽上海へと飛んだ。

 降り立った上海浦東空港、現状でも十分な“大箱”なのだが、新しいサテライト棟の建設が進む姿がタキシングする機内から見て取れた。聞くところによると、2035年までに新たに第3ターミナルも建設予定だという。これでもまだ足りないということなのか、何処へ向かうのだ、恐るべし中国。

 ブリスベーン・ロアー(オーストラリア)をホームへ迎えた試合は午後7時45分キックオフ、しかし筆者にとって初めてのスタジアムであり、余裕を持って2時間半前には隣接する蛇口足球場駅に到着していた。周辺には待ちきれない上海申花(以下、申花)ファンも多く目に付いた。

◆サポーター組織も大盛り上がり

 開始前、関係者へ取材を試みる中で、申花ファンの女性グループと知り合った。話しを進める内に、彼女等がスタジアム北側ゴール裏に陣取る「藍魔」というサポーター組織に属するレディースグループ「Extreme Keyboard Girls 12」のメンバーだということが分かった。これはリアルな話しが聞けるチャンスと、試合後に話を聞かせてもらった。

――今日は残念な試合(0-2で上海申花が敗戦、ブリスベーン・ロアーが本選出場)だったね。シーズン初の公式戦をどう感じた?

「今は終わったばかりで失望しかないかな」

――敗因は何だったと思う?

「攻守の切り替えが遅かったし、まだ連携に問題があった。クラブは昨年の反省を踏まえた上で中国人選手の底上げの為にも、新たな外国人助っ人とコーチングスタッフを獲得した訳だけど、まだ時間は掛かると思う。ACLは残念だったけど、リーグ開幕までに調整して臨んで欲しいわ」

――首から下げている写真付きIDが年間パスだよね。幾らなの?