13日に殺害された北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏の息子のキム・ハンソル氏が、20日午後8時半過ぎ(日本時間)、エアアジア便でクアラルンプール国際空港に到着した模様だ。

同便は午後8時33分、クアラルンプール国際空港に着陸した。到着ロビーでは数十人の報道関係者がハンソル氏が現れるのを待っているが、到着から1時間以上経っても姿を現していない。マレーシアの華語紙、星洲日報によると、エアアジアの同便の乗務員は、ハンソル氏が搭乗していたかわからないと答えた。

家族が2週間以内にDNAサンプルを提出すれば、鑑識を経て遺体を家族に引き渡すとマレーシア当局者が述べているが、ハンソル氏のマレーシア入りは、これに対応するためのものと思われる。