画像

写真拡大

 メルカリは、「スマオク」の運営元であるザワットを完全子会社化した。「スマオク」はオークションイベントも開催されているフリマアプリだ。今回の買収によって、メルカリはEC分野におけるC2C事業の拡大や新サービス創造を目指す。

 メルカリは、2月17日付けでブランド系フリマアプリ「スマオク」を運営するザワットの発行済全株式を取得し完全子会社化した。

 「スマオク」は個人・法人を問わず、商品を販売できるマーケットプレイス。中古ブランド品からレアなアニメグッズまで、スマートフォンで写真を撮るだけで簡単に出品ができる。また、決められた時間に短時間で行われるオークションイベントも開催されている。

 メルカリは、ザワットを買収することで、EC分野におけるC2C事業のさらなる発展・拡大に取り組むとともに、両社の顧客基盤やノウハウを活かし、新サービスの創造を目指す。

MarkeZine編集部[著]