「春待ちヱビス号」に使用する大津線700形車両

写真拡大

サッポロビールと、大阪と京都を結ぶ京阪電気鉄道は、完全予約制のイベント列車「春待ちヱビス号」を2017年3月7日から20日まで運行する。

車内では、乾杯用ビール1杯とオードブル、飲み物2種が楽しめる。飲み物は、ヱビスビール樽生、ヱビス プレミアム ブラック樽生、前記2種のハーフ&ハーフ、ワイン、チューハイ、ソフトドリンクの中から選べる。なお、酒類・おつまみ類の持ち込みは自由。

また、3月7日に新発売する「ヱビス 華みやび」500ml缶1本がお土産としてついてくる。「ヱビス 華みやび」は、ヱビス初の上面酵母を使用したホワイトビール。

運行は1日1便限定。行程は、18時26分に浜大津駅を出発し、坂本駅・石山寺でトイレ休憩をし、20時02分に浜大津駅に到着する予定となっている。参加人数は、1便最大60人(最少催行人員20人)。料金は、1人5000円(税込)(大人・小児とも同料金)。

申込みは電話で06-4965-0012から。予約受付期間は2月20日〜3月17日。