冬であるにもかかわらず、多くの小学生が外でも半袖半ズボン姿であることにとても驚いた。

写真拡大

中国家電大手の蘇寧易購がメインスポンサーのサッカークラブと共に日本を訪問した際、冬であるにもかかわらず、多くの小学生が外でも半袖半ズボン姿であることにとても驚いた。よく観察してみると、これはその場所に限らず、その他に訪れた沖縄や大阪の2カ所でも、多くの小中学生が半袖半ズボン姿だった。日本人に「あの格好で寒くないの?」と聞いてみると、「もう慣れているよ」という答えが返って来た。中国よりも、日本のスポーツでは体質を特に重視している。揚子晩報が伝えた。

広州恒大と名古屋グランパスの練習試合が行われた沖縄の黄金森公園陸上競技場の横には、大きな学校がある。練習試合の前後にその学校に行って見ると、運動場にはたくさんの子供たちがいた。子供たちは小学生で、運動場でサッカーや野球、ジョギングなどをしていた。学校の外の道路には半袖半ズボン姿の中学生がたくさんおり、坂道でダッシュを繰り返していた。

日本に住む華人や日本人を取材してみると、「日本では普通のこと」と皆、口を揃えた。日本の子供の多くは放課後にクラブ活動をし、いつも薄着で寒さに強い。

気温の低い大阪の街中でも、半袖半ズボン姿の学生をよく見かけた。日本で一番人気のスポーツは野球で、どの学校のグランドでも、ボールを投げたり打ったりしている子供がおり、コーチはその横で黙って見ていることが多い。

ある日本人は取材に対して、「日本の子供みんながプロの選手になるためにスポーツをしているのではなく、ほとんどは好きだからであったり、体を鍛えるため」と教えてくれた。少し厳しいやり方かもしれないが、冬でも薄着でスポーツをさせることが、子供たちが強い体を作るのに一役買っている。中国の小中学校の肥満気味の学生やメガネをかけた学生はできるだけ外に出て強い体を作るべきではないだろうか。(提供/人民網日本語版・編集/KN)