トランプ大統領の乗った車に木のブロックがガツン!(出典:http://www.usatoday.com)

写真拡大

どれほど厳戒な警備で大統領を護っても、飛んでくるものには敵わない…!? このほど米フロリダ州で、ドナルド・トランプ大統領の一行を乗せた車の列に少年が投げた木のブロックが命中したもよう。ガツンという音に関係者の肝が冷えたことを『usatoday.com』などが伝えた。

フロリダ州のウェスト・パームビーチで17日午後2時ごろ、トランプ大統領のご一行は空港から車の列をなしてマー・ア・ラゴ (Mar-a-Lago)の豪華な別荘に向かった。ところがサザン・ブールバードと呼ばれる国道98号線のパーカー・アベニューとレイク・アベニューの間を走行中、何らかの大きな塊がガツンという音とともにそのうちの1台にぶつかったという。

パームビーチ郡保安官事務所は18日、負傷者および車両の大きな被害はないとしたうえで現場から見つかった「2×4」の木製ブロックの写真を添えてこの事実を明らかにした。予期せぬハプニングではあったものの車はそのまま目的地へ向かい、到着後に改めてシークレットサービスなど関係者が確認のため現場へ戻ったとしている。

目撃情報や街に設置されている監視ビデオをもとに、犯人として特定されたのは現場から1ブロック離れた中学校に通う男子生徒1名。仲間がほかに4名いたとみられている。彼らは当局から厳しい注意を受けたが、関与した大人がいないかどうか調査はまだ終了していないもよう。起訴についてはパームビーチ郡州検事局の判断に委ねられている。

なお大統領は18日には同州メルボルンで集会を開き、大統領選挙戦さながらの演説を繰り広げて会場を沸かせたとのこと。フロリダ州をこよなく愛し、州民からも愛されてきたという自負があるだけに、無分別でいたずら盛りの中学生の仕業とはいえ、木のブロックをまさかこの州で投げつけられるとは思わなかったであろう。

トランプ大統領に関しては大手メディア、女性を敵に回すような発言は相変わらず健在で、トランプを支持する者が嫌がらせを受けるなどアンチの動きはますます陰湿になっている。またトルドー首相との会談を前に行われた世論調査では、カナダ国民の84%がトランプ大統領を嫌っていることが判明していた。

出典:http://www.usatoday.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)