マイナーチェンジを受けたジープ・グランドチェロキーに、限定車の「Jeep Grand Cherokee Altitude(ジープ・グランドチェロキー・アルティテュード)」が設定され、3月4日から発売されます。

1

限定車は「ダイアモンドブラッククリスタル」のボディカラーを採用。「グロスブラック」のアクセントが施されたボディ同色の前後バンパーや、Jeepバッジ/GRAND CHEROKEEバッジなど、全身黒ずくめのシックな佇まいが特徴。「アルティテュード」は2012年より販売が開始され、今回で第5弾となる人気のモデルです。

ベースグレードは「ラレード」で、「アルティテュード」のコンセプトとなるブラックのアクセントが付加され、マイナーチェンジを機に追加されたリヤバックアップカメラのほか、エアサスペンション、スエード/レザーコンビシートなどを採用。

ボディには上記のほか、ブラックグリル(シルバーハニカムメッシュインサート)、ピアノブラックベルトモール、ブラックルーフモールディング、LEDテールランプ(グロスブラックアクセント入り)など、「アルティテュード」のテーマである黒が散りばめられています。足元も「グロスブラックカラー」の20インチアルミホイールでコーディネイト。

搭載されるエンジンは3.6LのV6DOHCで、トランスミッションは8AT。価格は5,130,000円で限定200台となっています。なお写真では左ハンドルとなっていますが、日本仕様は右ハンドルのみの設定です。

(塚田勝弘)

ジープ・グランドチェロキーに全身黒ずくめの「アルティテュード」が登場(http://clicccar.com/2017/02/21/446558/)