もうすぐ春♡ メイクも春らしく明るいカラーメイクにシフトチェンジしてみましょう。今回は、発売されたばかりのNARS新作コスメを使ったカラーメイクをご提案☆
カラーメイク初心者さん、色物アイテムに抵抗があるという方でもカラーコスメをうまく取り入れるテクニックをご紹介します♪



初心者さんでも取り入れやすい! カラーメイクのテクニック♡


テク1.目尻に三角ブルーでお遊び(アイメイク)



スティックタイプのアイカラー「NARS ベルネットシャドースティック」限定色8264番を使って、目尻に三角にブルーを入れて少しお遊び。


NARS(ナーズ) ベルベットシャドースティック (8264) / ¥3870 / 目元に陰影をもたらし、ドラマチックな表情を演出する、発色のきれいなアイシャドウスティック。 アイシャドウのベースやハイライト、アイライナーとしても使用できます。 なめらかなテクスチャーで、描きやすくヨレにくく、仕上がりが長時間持続します。 使いやすい繰り出し式です。 内容量 1.6g

女子会でオシャレ感を出したい時やパーティなどのシーンでもおすすめのメイクです。
ブルーなどの個性が強い色味は、全体にのせてしまうと"やりすぎ感"が出てしまうので、目じりにちょっとのせるのがポイント♡
アクセントになって、いつものメイクを春らしく仕上げてくれます♪

テク2.まぶた中央に涼しげブルーをポンポン(アイメイク)



春夏になると出番が多くなるブルーのアイシャドウ。でも、目元全体にブルーを入れるのは派手すぎるのでなかなかうまくいかない……という方にオススメしたいのが、まぶた中央にだけニュアンスでブルーを入れて涼しげアイにする方法!


NARS(ナーズ) デュオアイシャドー #3909 / ¥5100 / フランソワ・ナーズのセンスが活きた絶妙なカラーコンビネーションの2色セットのパウダーアイシャドウです。 フランソワ・ナーズのセンスが活きた絶妙なカラーコンビネーションと澄んだ発色により、グラデーションも思いのままに決まり、ひと際洗練された目元をつくります。 内容量 4g

「NARS デュオアイシャドー」限定色3909番、右をアイホールに広げてから、左のブルーを指でちょんちょんとまぶた中央におくだけで簡単に涼しげアイの完成です!
色物アイシャドウの使い方に悩んでしまうという方は、中央にぽんぽんとのせるだけのメイク方法を試してみて♡

テク2.下まぶた目尻に色気パープルをON(アイメイク)



いつものメイクを一気に色っぽく仕上げてくれる、パープルカラーの下まぶた目尻入れ。
上まぶたにはほんのりパープルがかったカラー「NARS デュオアイシャドー」3910番を使用。左のカラーで目元にも統一感を!
ブルーやオレンジなどは、派手な目を惹くアクセントカラーですが、パープルはそこまで主張しすぎないのに、いつものメイクより大人っぽく仕上がるので彼とのディナーデートにもオススメの色味です♪

テク3.中央濃いめのグラデチークで血色感アップ(チーク)



しっかりつけているはずなのにチークが薄付きで、もうすこし発色させたい……というとき、ありますよね? そんなとき、全体的に濃くしてしまうとただメイクが濃くなってケバい印象になりかねないので、ブラシで丸くチークを入れてから、指で頬の高い位置にちょんちょんと点で置いてなじませるようにしましょう♪ ちょんちょん置きを意識するだけで、キュートな印象のまん丸グラデチークの完成!今回は「NARS ブラッシュ」新色4068番を使用しました。

テク4.中央オレンジで、うぶリップ♡(リップメイク)



トレンドのオレンジリップも、唇全体に直塗りしてしまうと肌から浮いてしまうことも。
そんなときは、ツヤのあるリップクリームやワセリン、クリアなリップグロスをベースに塗ってから中央に口紅を重ねることで発色が弱まり、唇になじんだグラデーションに仕上がります。今回は「NARS リップスティック」限定色 9407番を使ってみました。


NARS(ナーズ) リップスティック (9407) / ¥4000 / セミマット、サテン、シアーの3つの質感からお好みの仕上がりに合わせてお選びいただけます。 保湿効果があり、単独ではもちろん、様々な色やNARSリップライナーペンシルに重ねても魅力的に仕上がります。 内容量 3.4g
真ん中にぽんぽんとのせたオレンジリップで、うぶリップの完成!
メイクの仕上がりがイマイチかも? と思うときは、塗り方を変えてみるだけでぐっと雰囲気がよくなることもあるので試してみてくださいね♡


カラーアイテムも使い方次第でいろいろ表情を変化させることができますよ! いつも同じメイクにマンネリしている方も、春カラーメイクで、いろんな表情の自分を楽しみましょう♪
(立花ゆうり)