「台北ストーリー」ポスター (C)3H productions ltd.
All Rights Reserved

写真拡大

 「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」のエドワード・ヤン監督が、1985年に手がけた長編第2作「台北ストーリー」を、主演を務めたホウ・シャオシェンの監修でデジタル修復した4Kデジタルリストア版の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 経済成長の中で変貌する80年代の台北を舞台に、親の家業である紡績業を継いだ元野球選手のアリョン、アリョンの幼なじみでアメリカへの移住を考えている恋人のアジン。過去の栄光にしがみつく男と過去から逃れようとする女、そして彼らを取り巻く人々の姿が描かれる。日本では長らく劇場未公開だったが、エドワード・ヤン生誕70年、没後10年となる2017年に、4Kデジタルリストア版で劇場公開が実現した。

 主人公のロン役をヤン監督の盟友ホウ・シャオシェン監督。チン役に当時のヤンの妻であった人気歌手ツァイ・チン。ウー・ニェンチェン、クー・イーチェンら台湾の映画作家たちが俳優として出演し、ホウ作品の脚本を数多く手がけるチュウ・ティエンウェンが共同脚本ヨーヨー・マが音楽を担当した。

 「台北ストーリー」は、5月6日からユーロスペースほか全国で順次公開。