ジープの最上級モデル「グランドチェロキー」がマイナーチェンジを受け、3月4日から発売されます。「グラチェロ」の愛称で親しまれている現行グランドチェロキーは、2011年に日本に導入され、今回で2回目のマイナーチェンジになります。

1

外観では、これまでよりもフロントグリルの高さを短くすることで、よりスタイリッシュなデザインにアップグレードされているほか、ヘッドライトベゼルのカラーをこれまでよりダークに、グリルまわりをブラックに統一。最上級グレードの「サミット」は、フロントLEDフォグランプ部分も改良されたことで、高級感と重厚感がさらに増した印象を受けます。

今回のマイナーチェンジでは、グレードごとに変更点が盛り込まれています。エントリーグレードの「ラレード」は、18インチアルミホイールのデザインをよりスタイリッシュに変更。リヤバックアップカメラが標準設定され、新たにアイドリングストップが搭載されています。

ほかにも、ドアミラーにオート格納機能が追加され、ニーズに合わせてシングルCDプレーヤーを廃止。また、「ペンタスター」と呼ばれるV6エンジン(3.6L)の改良により、燃費も改善しながら、価格はこれまでの据置きとなる4,946,400円です。

中間グレードの「リミテッド」も、ドアミラーにオート格納機能の追加し、シングルCDプレーヤーを廃止。注目は安全装備の充実化で、「アドバンストブレーキアシスト」、「アダプティブクルーズコントロール(ストップ&スタート機能付)」、「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)」、「LaneSense車線逸脱警報プラス」、「ParkSense縦列/並列パークアシストブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション」が搭載されています。

価格は安全面の強化を図りながらも従来から約3万円高に抑えられた5,994,000円。

最上級の「サミット」は、エンジンを従来の5.7Lから3.6Lにダウンサイジングするとともに「クォドラドライブ 4×4 システム」を廃止。トランスミッションは、全車8ATが組み合わされています。

さらに他グレードと同様に、ドアミラーにオート格納機能が追加され、シングルCDプレーヤーを廃止。「LaneSense車線逸脱警報プラス」と「ParkSense縦列/並列パークアシスト」も装備されています。

 

外観では、20インチアルミホイールの意匠をよりスタイリッシュなデザインに変更。インテリアでは、上質な雰囲気のホワイトのラグーナレザーをはじめ、インパネやセンターコンソール、ドアパネル部分にレザーを使用した「ラグーナレザーパッケージ」がオプションとして新設定されています。価格は従来よりも約70万円値下げとなる6,642,000円、「ラグーナレザーパッケージ」装着車は7,074,000円です。

(塚田勝弘)

ジープ・グランドチェロキーがスタイリッシュに変身!最上級仕様はエンジン変更で約70万円値下げ(http://clicccar.com/2017/02/21/446419/)