清水富美加DVD『 Popping Time』(リバプール)より

写真拡大

 女優・清水富美加さんの幸福の科学への「出家」騒動。本人の“告白本”の出版が、あまりに手回しがよいということで、一連の騒ぎは、すべて教団が用意周到に計画したのではないか、という声をそこここで聞く。

 果たしてそうだろうか。

用意周到とは程遠い“告白本”出版までの言動

 私には、むしろ場当たり的な対応に見える。“告白本”は、本人がツイッターで公表した発売日を過ぎても、大手書店に入荷していなかった。用意周到に準備したのであれば、全国の書店に一斉に並ぶような状況をつくっただろう。

 記者会見を開けば厳しい質問にさらされたり、矛盾を指摘されたりすることも考えられるので、一方的に主張を発信できる本を慌ててつくったのではないか。幸福の科学・総裁の大川隆法氏の本を次から次に出している教団としては、緊急出版はお手の物だ。

 先月出版された、大川氏が清水さんの「守護霊」に語らせた本では、「事務所との葛藤」をにおわせながらも、「ちゃんと売れる女優になって独り立ち」する、とある。「三十代ぐらい」には、世の中に影響力を与えられる「女優としてのステータス」「発言力」を持てるようにとも書かれている。

 一方で、この本では、清水さんが衆生を救済する千手観音の役割であると称賛されている。今年はその使命に目覚める年だと強調し、大川氏は「闇夜を貫く光となる覚悟」を清水さんに求めている。

 こうした記述からすると、少なくとも当面は芸能界で活動させ、ただし幸福の科学の信者であることを明かして広告塔としての役割を果たさせるというのが、当初のもくろみだったのではないか。信者であることをカミングアウトして、広告塔になるための「覚悟」を求めたのが、この本だったように思える。

 創価学会の場合は、信者であることを公言し、機関紙にも登場している芸能人が何人もいる。そのようなかたちで清水さんを活用することは、幸福の科学にとって大きなメリットがあると考えてもおかしくない。

 ところが、教祖から「覚悟を決めよ」と言われた清水さんが、強く使命感をかき立てられ、それまでに悩んでいたことや所属事務所への不満が一気に噴き出したこともあり、教団としても彼女を丸抱えする方向に舵を切ったのではないか。

二世信者の問題と教団のカルト性

 清水さんは、両親が信者の二世信者だ。幼い頃から、大川氏を絶対的な存在とし、教団の教えこそが善であるとする教団の教えの中で育った。心の隅々まで教団の価値観が浸透していることは想像に難くない。

 人生の途中で特定の教義に感化され、のめり込んだ人の場合は、何かのきっかけで疑問を持ったり、なんらかの理由で距離を置く時間ができたり、恋愛など強い心理的インパクトを受ける体験をした時に、「入信前の自分」に戻ることが不可能ではない。しかし、二世信者の場合、戻るべき「入信前の自分」がないという問題がある。悩みがあっても、一人きりで教義の土俵の外で考えるということは、著しく困難だろう。

 しかも、清水さんは幸福の科学の信者であることを隠していたようで、マネジャーさえも、今回の出来事が起きるまで知らなかったという。そうなると、教団の価値観や自分の気持ちと、女優としての仕事や人間関係との間で生まれた葛藤を相談する相手は、教団関係者しかなくなる。

 社会の中に心を開ける人がなく、あるいは教団について他者に話すのを禁じられたために、教団関係者だけに悩みを相談しているうちに、自分を本当に理解してくれるのは、教団内の人だけだという思いが心を占めてしまうことは、ほかの新興宗教の例を見ていても、よくある。

 著名人であり、教祖が「気になって仕方がない」という信者であるとなれば、教団側としては、ことのほか大切に寄り添うようにして対応したはずである。

 そんななかで、彼女の思いは急速に行き詰まってしまったのではないか。

 報道によれば、清水さんの側から所属事務所に離脱の意志が伝えられたのは、1月28日。マネジャーに対して清水さんは、女優としての活動より「もっとやりたいことができた」という趣旨の発言をしたという。さらに、2月1日に教団側の代理人弁護士から「契約を2月20日で終わらせたい」などとする内容証明が、事務所に届いた。

「やりたいこと」を求めるのは、本人の自由だ。職業の選択の自由は保障されている。しかしまた、世の中の営みの多くは契約で成り立っているわけで、それが簡単に反故にされては社会が成り立たない。

 彼女の場合、契約の満了期間は5月20日というから、あと3カ月、約束していた仕事をこなし、できるだけきれいに後始末をする努力をしていれば、迷惑を被る人は最小限に抑えられただろうし、損害の金額も抑えられただろう。それを待てないというのは、いかにも性急、唐突で、身勝手な印象を受ける。

 これについて教団側は、記者会見で次のような説明をして、清水さんと教団の対応に理解を求めた。

「宗教には大きな善、小さな善という考え方がある。期待や責任を放棄することは一見悪いことに思えるが、一日も早く一人でも多くの方が救われる大きな善を取る」

 自分たちがやっていることは「大きな善」であり、偉大な救済活動であって、その大いなる価値のためには、世俗の人々が行う「小さな善」などは犠牲にしても構わないということである。犠牲を強いられる人たちは、教団の価値観を押し付けられるに等しい。それを受け入れるべきだというのである。

 信者たちが教団の価値観を絶対的な善、正義、真理であると信じるのは、まさに信仰の自由として認められるべきだが、教団外の一般の人たちにも、その価値を強いる独善性に、カルト性を感じてならない。

「大きな善」実現のための異常行動

 幸福の科学は、オウム真理教や統一教会ほどの社会との対決はしてこなかったし、かつては「偉大なる常識人」をキャッチフレーズにもしていた。だが、いったん火がつくと、「常識」では考えられない極端な行動に突っ走ることは、これまでもあった。

 たとえば、講談社の出版物で教団や教祖が誹謗中傷されたとして抗議を行った際には、同社に大量の嫌がらせ電話を入れ、FAX送信を行った。送り付けたFAX文書の総量は約5万5000通、重量約240圓傍擇咫同社は業務ができなくなった。また、同社周辺での抗議行動も、多数の信者が押しかけてシュプレヒコールを行い、警備員の制止を振り切って社屋に侵入し、同社幹部との面会を強要するなど、激しいものだった。

 私も新聞記者時代に、統一教会の霊感商法に関する記事を書いたところ、朝から晩まで信者の電話攻撃にさらされ、会社の通信機能がマヒさせられたことがあり、その記憶と重なった。

 講談社の出版物については、後に裁判所で名誉毀損を認定されたものもあり、教団が抗議や法的措置を行うのはわかるとしても、その激しさは常軌を逸していた。

 また、元信者が約2億円の献金を強要されたとして、幸福の科学を相手取って損害賠償請求を起こし、原告代理人の弁護士が記者会見を行った際には、教団側は弁護士に対し、8億円という巨額の損害賠償を求める訴訟を起こした。弁護士側は「不当な訴えだ」として反訴を提起して応戦した。

 東京地裁は、幸福の科学側の訴訟は「批判的言論を威嚇するための提訴」と断じて退け、「言論を威嚇する目的で起こした高額訴訟は違法」として弁護士に100万円の支払いを命じた。教団側は控訴、さらに上告までして争ったが、判決は最高裁で確定している。批判をする者を法外な請求で恫喝する、典型的なSLAPP(恫喝)訴訟であった。

 また、大川氏の「霊言」など教団の教えに基づく大学の設置を計画したが、文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、開設を「不可」とする答申を出したため、頓挫。そればかりか、この審議の過程で教団側から不正な行為があったとして、5年間は大学などの設置が認められないことになった。

 同審議会の答申などによれば、教団は大学新設に関する大川氏の本を審議会の委員に次々に送り付け、その中には下村博文文科相(当時)をこき下ろす「守護霊インタビュー」など、今回の大学設置認可に関係すると思われる人物の“守護霊本”が複数含まれていた。

 答申は、教団側の一連の行為について、「通常の審査プロセスを無視して、認可の強要を意図すると思われるような不適切な行為が行われた」「大学設置認可制度の根幹を揺るがすおそれのある問題である」と強い不快感と危機感を示した。これに対し、教団側は「学問の自由、信教の自由を侵害している」と相次いで反論の書面を公表した。

 ちなみに、この大学開設計画に関連して、信者である神奈川県座間市の元中学校長が、在職中に入手した生徒名簿を流用して、大学受験を控えた卒業生ら約500人に幸福の科学大学を勧める手紙や大川氏の本を送り付け、問題になった。元校長を呼んで厳重注意した同市教育委員会について、教団側は「左翼史観だ」と非難した。

 自分たちの「大きな善」を阻むものは「悪」という価値観で一貫しており、「大きな善」の実現のためには逸脱した手段も辞さない。そして、その手段が批判されても、自らを省みることはないようである。なにしろ、教祖や教団は絶対善なので、非を認めるということができないのだ。

芸能界の問題と混同してはいけない

 今回の、契約を反故にして多くの人に迷惑をかけることが些末であるかのような対応も、この一貫した路線にあるといえる。

 清水さんはすでに、こうした独特の価値観に支配された教団のいわゆる「広告塔」である。今回の“告白本”も含め、興味本位で彼女の言動を取り上げることは、教団の広報・宣伝に寄与することになりかねない。今回の出来事で生じた損害について、清水さんや教団側がどう対応するのかなど、気になる点はあるし、今後報じる機会もあると思われるが、マスメディア、特にテレビのワイドショーは、その取り上げ方について、よくよく注意してほしい。

 それから教団は、清水さんと所属事務所の契約は「奴隷状態」であるとし、芸能界のあり方が問題だと主張している。そのような芸能界から、教団は居場所を提供したにすぎないということのようだが、芸能界のあり方と教団に関する懸念は別次元の問題だ。

 オウム真理教の場合も、「無理解で抑圧的な家庭」から逃れて、教団に「出家」したというケースが多々あった。家庭で親子や夫婦の間でなんらかの問題を抱えていたからといって、オウムの価値観やそれに基づく活動が正当化されるわけではない。悩み多き家庭から離脱して行った先がオウムというのは、実に不幸なことであった。

 2つの教団を同一視するつもりはないし、芸能界のあり方には、それはそれで疑問を感じるにしても、メディアで清水さんの「出家」を論じる時には、2つの問題を混同して語るのはやめたほうがよい。
(文=江川紹子/ジャーナリスト)