部下を叱れない「ダメ上司」が急増している理由

写真拡大

最近、「部下に人気のある上司」が理想とされているせいか、「部下を叱ることができない上司が増えている」という話を頻繁に聞くようになった。なぜ、部下を叱ることができないのか、なぜ、叱る必要があるのか。(株式会社識学代表取締役社長、組織コンサルタント 安藤広大)

「部下からの評価」を
恐れている

「部下を叱ることができない上司が増えてきている」と、よく耳にします。私たちがコンサルティングをさせていただいている会社でもよく相談を受けます。

 では、なぜ、部下を叱ることができないのでしょうか?

 まず、ここで「叱る」という行為についての定義を合わせておきたいと思います。

「叱る」とは「目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる」と辞書(デジタル大辞泉)に書いてあります。

 やはり、組織を運営していくにあたっては、「よくない」ことを部下がしている時には「叱る」必要はありそうです。また、部下を成長させていくためにも、管理者としては、「叱る」必要はありそうです。成長をさせるためには、「よくない点の指摘」は必要だからです。

 それでは、業務上、管理者として必要な「部下を叱る」ということが、なぜ、できない人が増えてきているのでしょうか。

 一つは、「部下からの“評価(評判)”が下がるのが怖い」からです。

 本来は、上司は部下からの評判を気にする必要がありません。というのも、上司は、「チームの成績」や「部下の成長」に責任ある立場であるために、意思決定をするという権限を持つからです。つまり、チームの成績や部下の成長に「責任のない立場の人間」には、本来「その意思決定を評価する」という資格はありません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)