ドナルド・トランプ米大統領(右)が米フロリダ州パームビーチに所有するリゾート施設「マーアーラゴ」で、国家安全保障問題担当大統領補佐官に任命したH・R・マクマスター氏と握手するトランプ氏(2017年2月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は20日、国家安全保障問題担当大統領補佐官を辞任したマイケル・フリン(Michael Flynn)氏の後任として、H・R・マクマスター(H.R. McMaster)陸軍中将を起用すると発表した。

 陸軍エリートで、対反乱作戦の専門家として知られるマクマスター氏について、トランプ大統領は「とてつもない才能ととてつもない経験の持ち主」と評している。

 米陸軍能力統合センター(ARCIC)の所長で、フォートユースティス(Fort Eustis)に在する陸軍訓練教義コマンド(TRADOC)のフューチャーズ・センター(Futures Center)で副司令官を務めるマクマスター氏は、アフガニスタンで透明性対策本部を率いた経験もある。

 イラク戦争(Iraq War)や湾岸戦争(Gulf War)で重要な役割を果たした他、ベトナム戦争(Vietnam War)への米軍参戦に批判的立場を取ることでも知られている。

 前任者のフリン氏は、駐米ロシア大使との電話協議で米国の対ロシア制裁に言及したことに関し、マイク・ペンス(Mike Pence)副大統領を欺いたことから、先週、辞任に追い込まれていた。
【翻訳編集】AFPBB News