2月21(火)放送の「嘘の戦争」第7話では、安田顕演じる晃が復讐(ふくしゅう)のターゲットに/(C)カンテレ

写真拡大

2月21日(火)放送の「嘘の戦争」(毎週火曜夜9:00-9:54フジテレビ系)第7話では、ついに浩一(草なぎ剛)が晃(安田顕)への復讐(ふくしゅう)を開始する。

【写真を見る】浩一(草なぎ剛)による復讐によって、晃(安田顕)と隆(藤木直人)の兄弟げんかが激化!?/(C)カンテレ

「おまえの望みは何だ?」と問いただした直後、心臓発作で倒れた興三(市村正親)に向かい、「俺の復讐を見届けろ!」と叫びながら心臓マッサージを施したところで終わった第6話。

第7話では、OL殺人事件に関与していたことが発覚した晃を浩一がだましていく。

晃を演じる安田は「30年前の事件を晃がどこまで真相を知っているのかが曖昧(あいまい)。もし晃に罪の意識があったとしても、ずっとそこにふたをして生きてきたと思う。今後、浩一によって真実がさらされ、そのふたが開いてしまったらどうなるのか…?」と、見どころを語る。

また、共演の草なぎについて「草なぎさんは、俳優としても素晴らしい方だと思います。相手の良さを引き出してくれる。まるで一流のプロレスラーのようなんですよね。だって、プロレスって相手の見せ場もないと成立しないじゃないですか!」とコメント。

一瞬、友情が芽生えたようにも見えた晃へ、浩一はどう復讐を果たしていくのか必見だ。